はじめまして、伊藤伸太 と申します。 
 
こうしてこのオファーに関心をお持ち頂けていると言うことは、 
貴方はネットビジネスもしくはアフィリエイトに関心をお持ちか、 
それらのビジネスに何かしらの形で関わりを持たれているのだと思います。 
 
そんな貴方にこの手紙でご案内させて頂きたいものは、 
Curation Agent System(キュレーションエージェントシステム)という 
 
「キュレーションサイトを半自動構築していく事が出来るツール」 
 
と、そのツールを活用して「集客」を施していく 
 
「キュレーションサイトを入口とした逆三角形型のアフィリエイト戦略」 
 
この2つを、この上無い条件で活用、実践頂ける「環境」であり、 
これはネットビジネス業界、アフィリエイト業界に「新たな風」を吹き込んでいく、 
 

 
になっていると思います。 
 
Twitter、FacebookなどのSNSでも無ければ、 
YouTubeなどの動画サイトでも無い。 
 
そんな「キュレーションサイト」という入口を独自に構築し、 
そこから集客を図って見込み客を囲い込んでいく戦略こそが、 
 
「今、極めて即効性の高い強力な集客モデルである」 
 
と考えられるからです。 
 
では何故、今、その「キュレーションサイト」が 
そこまで高い集客パフォーマンスを発揮出来ると明言出来るのか。 
 
まずはその 集客モデルのカラクリ からお話ししていきたいと思います。 
 

 
 
そもそも、その「キュレーションサイト」とは何なのか。 
 
ここで初めてそのフレーズを目にされた人もいるかもしれませんが 
その定義としては以下のようなものになっています。
 
インターネット上の情報を収集しまとめたサイト 
または収集した情報を繋いで新しい価値を共有するサイト
 
要するに今、多くの人がネット検索を行った際、目にしている、 
俗に言われる「まとめサイト」がそのキュレーションサイトにあたります。 
 

 
有名どころで言えば、 
 
NAVERまとめ 
Gunosy 
はてなブックマーク
 
などが筆頭に挙がると思いますが、実際は以下のように 
まだまだたくさんのキュレーションサイトが存在します。 
 
2Readまとめ 
Sumally 
sercus 
TERIYAKI 
Togetter 
Crowsnest 
nanapi 
MERY 
カラキュレ 
Antenna 
etc...
 
これでもまだまだ「ごく一部のサイト」でしか無く、 
今、キュレーションは私も認識していないものを含めば、 
10や20という数では及ばないくらいのサイトが存在すると言われています。 
 
これはもはや「乱立状態」と言ってもいいかもしれません。 
 
そして今もまた新たなサイトが次々と誕生し続けているのです。 
 
ただこうしてキュレーションサイトが乱立していっている事には、 
当然ですが、それ相当の「理由」があります。
 
 

 
 
それが法人(企業)であれ、個人であれ、 
あえて「サイト」を立ち上げ、運営する理由として、 
主に上げられる「目的」はほぼ1つしかありません。 
 
それは「営利目的」です。 
 
要するにキュレーションサイトは「メディアビジネス」として、 
圧倒的に儲かるからこそ、こうして乱立されているのです。
 
 
そしてメディアビジネスとして「儲かる」という事は、 
“そこに人が集まりやすい事(集めやすい事)” 
が1つの絶対条件として挙げられます。 
 
要するにキュレーションサイトは圧倒的なほど、 
その「集客面に極めて優れたサイト」と言えるのです。
 
 
そもそもこれは実際にネット検索を行っている誰もが、 
その要因とも言える状況を目にしているのではないでしょうか。 
 
今、何かしらのキーワードでネット検索を行えば、 
高い確率で何らかの「まとめサイト」が上位に表示されるはずです。
 
 
情報をまとめているサイトという点では「ウィキペディア」もその1つですが、 
そういった情報まとめサイト(キュレーションサイト)は、 
競合の多いビッグキーワードでも普通に上位表示されています。 
 
こうした「検索エンジンから人を集め易い」という特性は、 
メディアビジネスとしては何よりも大きなメリットであり、 
 

 
これがメディアビジネスの「1つの鉄則」と言っても過言では無いのです。 
 

 
 
この事は何よりも現状の「キュレーションサイトの乱立状態」が 
それを実際に裏付けていると言っていいと思います。 
 
現在の主要検索エンジンであるGoogleのアルゴリズム上、 
特定の情報をまとめて1つのコンテンツにしていくキュレーションサイトは、 
必然的にその恩恵を受け易い傾向にあるのです。 
 
だからこそ今、多くのIT起業が軒並みキュレーションサイトを作り、 
それを1つのメディアビジネスとして軌道に乗せていっています。
 
 
ただ、ここであなたはこのように思われているかもしれません。 
 
「今からその市場に入り込める余地はあるのか。」 
「それだけライバルが多いところに参入して勝ち目はあるのか。」
 
 
現実的に考えれば当然の懸念材料になると思いますが、 
これは実際にそうだと思います。 
 
今から「普通のキュレーションサイト」を作っても、到底勝ち目はありません。 
 
それこそ「NEVERまとめ」などの大手キュレーションサイトには 
どう逆立ちしても勝ち目はありませんので、 
そこに対抗するようなサイトを作っても実際に無意味だと思います。 
 
ただそこに「参入の余地が無いか」と言えば決してそうでは無いのです。 
 
キュレーションサイトという「特定の情報をまとめるサイト」が 
検索エンジンの恩恵を受けやすいという事実に変わりは無いからです。
 
 
そこで考えられる有効な戦略。 
 
それこそがこの手紙の冒頭でお伝えした 
 

 
なのです。 
 

 
 
特化型キュレーションサイトは文字通り、 
「特定の情報に特化したキュレーションサイト」であり、 
この「情報の特定段階」で既存のサイトとの差別化を図ります。 
 
例えば大手キュレーションサイトの「NEVERまとめ」は、 
ありとあらゆるオールジャンルのまとめ情報を扱い、 
圧倒的なアクセス数を集める事でサイトの収益化を図っています。 
 
言わば「幅広く」集客を図っているのです。 
 
対してこのツールで構築していくキュレーションサイトでは、 
まとめていく情報を「特化」する事で、その幅をあえて狭めていきます。
 
 
その分だけ「質を重視した集客」を施していくのです。 
 
より多くのアクセスを集める事に拘るのではなく、 
 

 
という事です。 
 
そのようにして質を重視した「見込み客」を集めていく事に特化し、 
成約型のアフィリエイト広告で収益化を図っていくわけです。
 
 
現状、テーマやコンセプトなどを特化しているサイトはありますが 
大抵のキュレーションサイトは「数の集客」を重視して、 
アドセンス広告や企業広告(バナー広告)などで収益を上げています。 
 
成約型のアフィリエイト広告で利益を上げる事を目的に 
強いて「購買意欲の高い見込み客を集める」という事を徹底している 
特化型のキュレーションサイトというのは、ほぼ「皆無」なのです。
 
 
つまりこの「特化型戦略」を徹底していく形であれば、 
 
キュレーションサイトは「これからの後発組」であっても、 
十分な収益化を見込んで運営していくことが出来る
 
 
という事です。 
 

 
 
では、実際にどんなキュレーションサイトを作れば成約を上げやすい 
その「購買意欲の高い見込み客」が列を成して集まってくるのか。 
 
ここでこのツール及び戦略の核心的なところを言ってしまいますが 
「特定の商品(サービス)に特化した情報まとめサイトを作ればいい。」 
 
これがその「答え」です。 
 
ただでさえ検索エンジンに強いキュレーションサイトで、 
特定の商品に特化したものを作って情報をまとめておけば、 
そのサイトがその「商品名検索」等で上位に来ることは目に見えています。 
 
それこそ「購買意欲の高い良質な見込み客のアクセス」だと思いませんか? 
 
少し冷静に、現実的に考えてもらえれば、 
これがいかに確実性、再現性の高いノウハウであるかは、 
「ほんの少しのネットビジネスの知識」と「ビジネスセンス」があれば、 
誰でも容易に想定出来てしまう事ではないかと思います。 
 
・ 検索エンジンの恩恵を受けやすいキュレーションサイト(情報まとめサイト) 
・ そのキュレーションサイトで「特定の商品(サービス)のまとめサイト」を作る 
・ そこには商品名検索等で「購買意欲の高い見込み客」が集まってくる 
・ そこに「購買意欲がより高まるまとめ情報」が掲載されていれば・・・?
 
これは決して難しい理屈ではないかと思います。 
 
あとはそのような「キュレーションサイト」を作り出せる術、 
その方法さえあれば、このノウハウの再現は十分「現実的」になります。
 
 
そこで提案したものが今回、この手紙でご紹介させて頂きたい、 
この「Curation Agent System」というツールなのです。 
 
 

 
 
このツールは「あるトップアフィリエイター」の協力を得て、 
数カ月がかりの制作期間を要して作成したものになります。 
 
そのアフィリエイターさんはその鋭い感性から、 
既に特化型キュレーションサイトを用いた戦略を展開し、 
その時点でもかなりの利益を上げている状況にありました。
 
 
そもそものこのツールの作成経緯はその戦略と実績をお聞きした上で、 
 
 
というコンセプトのもと開発を始めたものだったのです。 
 
そして実際に完成したツールに対し 
 
「こんなサイトが作れるツールを求めていた!」 
と言わしめるレべルのツールを実際に作り上げたのでした。 
 
勿論、これは協力者としての建前的な褒め言葉などではありません。 
 
このツールは既にそのトップアフィリエイターさん自身はもとより、 
そのコンサル生の方々がその成果を既に「実証」しているからです。
 
 
例えばこちらは2014年8月からこのツールでサイトを構築し、 
アフィリエイトをまさに一から始めていった、 
コンサル生Aさんの「1カ月目のアフィリエイト報酬」です。 
 
 


(キャプチャ画像内「累計売上」は2015年3月時点のものになります)

 
赤枠内18200円がその「1カ月目の成果報酬額」になりますが、 
金額だけを見れば、さほど目を見張るほどの数字ではないと思います。 
 
とは言え「月に5000円以上稼げる人も一握り」と言われる業界ですので 
18000円程度でも「初月から収入を手に出来ている」という成果は、 
少なからず、その「可能性」を感じられる数字なのではないでしょうか。 
 
ただ、このツールの「目を見張るほどの成果」は 
ここからの数字で更に顕著なものとして表れていくことになります。
 
 

 
 
これが「サイト構築から2カ月目」にあたる2014年9月の成果になります。 
 
 

 
 
16件の成約で「218,700円」の成果報酬。 
 
これがこのツールで構築したキュレーションサイトが、 
ゼロの状態から2カ月目にして叩き出した「成果報酬」であり、 
実質的にこの9割以上が「コンサル生Aさんの収入」になっています。 
※同一アカウントの実績である事が分かるように累計売上を併せて表示しています。 
 
経費として要していたのは月間数百円ほどのサーバー代くらいだからです。 
 
ちなみにそのサイトは「ドメイン」も新規から取得したサイトであり、 
当のコンサル生Aさんもほとんどネットビジネスの経験はありませんでした。 
 
ほぼゼロからの状態でその某トップアフィリエイターのコンサルを受け、 
このツールで作成したキュレーションサイトで 
初めてまともにアフィリエイトというビジネスに取り組んだ状況だったのです。 
 
そうして約8カ月ほどの期間でそのコンサル生Aさんは、 
キャプチャ画像の「累計売上」にも記載があるように、 
そこから数カ月で計400万円近い収入を手にしていく事になります。
 
 
ほぼ未経験の状態でアフィリエイトを始めた人が1から「サイト」を作り、 
 

 
という事です。 
 
 

 
 
先程お見せしたサイト運営3カ月目以降の報酬実績はこちらの通りです。 
 
 


 
 
ご覧頂いた通りその報酬実績は5カ月目で50万円台、 
 

 
を達成しています。 
 
当然、このAさんは今現在も100万円前後の収入を推移させながら、 
継続的にキュレーションサイトの運営によって成果を上げ続けていますので、 
これは「現在進行形の実績」と捉えて頂いて問題ありません。 
 
これだけの継続した収入を「広告」などを一切利用する事なく、 
「検索エンジンからのアクセスのみ」から稼ぎ出しているのです。
 
 
つまりこのツールで生成していく事が出来るキュレーションサイト、 
及びそのキュレーションサイトを入口とした戦略であれば、 
 
・ 1からサイトを構築して初月から報酬を上げていく事 
・ 2〜3カ月以内に生計を立てられるくらいの報酬を稼ぎ出す事 
・ 12カ月以内に月収100万円を達成していく事
 
これらを実際に達成していく事が現実的に「可能」であり、 
その事は既にコンサル生Aさんなどが「実証」している状況にあります。 
 
それだけキュレーションサイトの集客力には圧倒的な「即効性」があり、 
更に「購買意欲の高い見込み客の集客」を徹底していく事で、 
単価の高い商品の成約を次々と取っていく事も可能になります。
 
 
Aさんのように特段、アフィリエイトの経験やスキル等を持ち併せていなくても、 
 
・ 即効性のある検索エンジン集客 
・ 購買意欲の高い見込み客の集客 
・ 単価の高い高額商品の成約
 
 
これら「全て」を十分に実現していくことが出来るという事です。 
 
 

 
 
また、先ほどの実績は情報商材ASP、 
インフォトップからのキャプチャ画像ですので、 
その成果報酬も「情報商材を成約したもの」になっています。 
 
ただ、このツールで作成できるキュレーションサイトと、 
そのアフィリエイト戦略は情報商材に限るものではありません。 
 
数よりも質を重視する集客戦略という特性から、 
報酬単価の高い「情報商材」が適している傾向にありますが 
実際はどのような商品のアフィリエイトにも活用していく事が出来ます。
 
 
実際にAさんとはまた別のコンサル生「Bさん」は、 
A8netを利用した物販のアフィリエイトで以下のような成果を上げています。 
 
 
 
こちらは2014年11月頃から始めたサイトの実績になりますが、 
翌月12月には8192円、翌年1月には3万円代、 
その翌月の2月には18万円代の収入を上げていくに至っています。 
 
一般サラリーマンの初任給に近いレベルの収入源を 
サイト運営から3〜4カ月ほどで構築する事が出来ているのです。
 
 
つまりこのキュレーションサイト戦略は 
 

 
という事であり、実際に物販アフィリエイトの方でも 
同様に「早い段階で成果を上げることが出来ている」という事です。 
 

 
 
ただ、ここで勘違いして欲しくないのは、 
AさんもBさんもこのツールを利用してキュレーションサイトを構築し、 
いわゆる「ほったらかし」で先程のような結果を手にしているわけではありません。 
 
ほぼ経験のない状態からサイトを構築し、 
1から収入を得ていった事は間違いありませんが、 
彼等はしっかりとやるべき事をやってその収入を手にしています。
 
 
そのトップアフィリエイターさんのコンサルティングのもと、 
しっかりとキュレーションサイトの特性を生かしたノウハウを実践し、 
その上で先ほどお見せしたような結果を出しているのです。 
 
少なくとも胡散臭い集客ツールの謳い文句によくあるような、 
 
「ほったらかしで不労所得を稼げます!」 
 
というようなものではありません 
 
AさんもBさんもこのツールを利用し、 
しっかりとした「メディア」を一から構築していったからこそ、 
先程お見せしたような結果を手に出来ているという事です。 
 
そこに「稼ぐべくして稼ぐ仕掛け」を施していく事で、 
確固たる「収入源」を実際に構築出来ているのです。
 
 
ただただツールに任せて適当なサイトを構築したわけでも、 
その集客をツールに任せきっていたわけでもありません。 
 
つまりこのツールでキュレーションサイト戦略は 
ツールを使っていけばほったらかしで稼げるというものでは無く 
 

 
という事です。 
 
 

 
 
そしてその「稼ぐべくして稼ぐノウハウ」こそが冒頭でもお伝えした 
 
「逆三角形型キュレーションマーケティング」 
 
であり、この戦略こそがキュレーションサイトの特性を生かし、 
その「即効性」「再現性」を格段に高めていると言っていいと思います。 
 
むしろこの「Curation Agent System」というツールは、 
その戦略に適したキュレーションサイトを構築する為のツールであり、 
この戦略を実践してこそ、そのポンテンシャルを最大限に引き出せます。
 
 
その戦略的な概要はまさに冒頭でもお伝えした通り、 
 

 
この4段階のステップが、そのほぼ全てと言っても過言ではありません。 
 
・ 検索エンジンからの“誘い込み” 
・ キュレーションサイトへの“囲い込み” 
・ ブログ、サイトへの“落とし込み”
 
このプロセスを経て、 
 
「アフィリエイト広告へ“流し込む”」 
 
という流れを作り込んでいく事で、 
実際にAさん、Bさんはいち早い段階から、 
先ほどのような成果を上げていくことが出来ています。 
 
そしてその「先立つ3段階の重要なプロセス」を担うものが、 
このツールで構築頂ける「特化型キュレーションサイト」なのです。
 
 
 

 
 
ではAさん、Bさん等が実際に高い成果を上げていった、 
その特化型キュレーションサイトが担う以下3つの運営戦略。 
 
「誘い込みの集客戦略」 
「囲い込みの運営戦略」 
「落とし込みの誘導戦略」
 
 
これらの詳細をツール本体の機能性と併せて解説していきます。 
 
 
 

 
 
基本として、当サイト作成ツール「Curation Agent System」は、 
特定の商品、サービスに特化したまとめサイトを構築するものであり、 
その第一の目的は「検索エンジンからの集客」に他なりません。 
 
検索エンジンにおける「情報まとめサイトの優位性」を利用し、 
特定の商品について評判や評価、レビューなどを求める 
既に高い購買意欲を持っている人だけを狙って集客していきます。
 
 
これが言わば「誘い込みの戦略」にあたり、 
この段階で行っていくべき事は 
狙いを定めた商品やその関連商品に対して、 
その商品情報の「まとめページ」を生成していく事
 
です。 
 
美容・ダイエット系の商品や情報商材に特化するなら 
それに関連する商品、情報商材等のまとめページを。 
 
FXや株などの投資関連の情報やサービスに特化するなら 
同じくその関連情報等のまとめページを。 
 
その特化したジャンルの関連商品のまとめページを作成していく事で、 
購買意欲の高い見込み客の「集客網」を広げていきます。
 
 

 
この「集客網」を広げていくほど、 
サイトの集客力は相乗して上がっていきますので、 
 
1、特化型キュレーションサイトの本体構築 
2、関連商品のまとめページの生成
 
 
この2つをツールによって「構築」「生成」していきます。 
 
つまり当サイト作成ツール「Curation Agent System」には、 
 
・ キュレーションサイトの本体を構築する機能 
・ そこに個別の情報まとめページを作成・投稿していく機能
 
この2つがしっかりと備わっているという事です。 
 
 
 

 
検索エンジンから購買意欲の高い見込み客を集客していったなら、 
その見込み客を「囲い込んでいく」必要があります。 
 
要するにこの「囲い込み戦略」は訪問者から 
 
「このサイトには価値のある情報が掲載されている。」 
「自分が求めている情報が書かれている。」
 
 
と“思ってもらえるような仕掛けを施していく”という事です。 
 
これについても「Curation Agent System」には、 
 
・ まとめ情報を観覧しやすいページ構成 
・ 関連するまとめ情報が一目でわかるレイアウト構成
 
 
などの基盤となるサイト構造そのものに、 
その配慮をしっかりと加えていますが 
この「囲い込み戦略」における一番のポイントは 
 
・ 訪問者が任意のまとめページを自由に作成出来るスレッド投稿機能 
・ 訪問者が情報の追加や意見を書き込めるコメント投稿機能
 
を備えているところかと思います。 
 
このようなユーザーが情報を書き込める機能を備えておく事で、 
アクセスが集まっていくごとにコンテンツが自然に成長していくわけです。
 
 

 
訪問者が自らスレッドを立ててコンテンツを充実化させていくと共に、 
批評意見や評価、レビュー等のコメントを集められる為、 
サイト全体、まとめページ1つ1つの内容がどんどん充実していきます。
 
 
そのような「客観性の高い情報」を、 
メインのまとめ情報と共に掲載していく事が出来る為、 
 
その分野の商品に関心を持っているような人達を 
どんどん囲い込んでいく事が出来る
 
 
という事です。 
 
 

 
当ツールで作成出来るサイトの特徴として挙げられる、 
その大きなポイントの1つがここで解説した 
 
「訪問者が自由にスレッドを立てられる」 
「キュレーションサイトにコメント投稿機能が付属している」
 
 
というところではないかと思います。 
 
ただ、これまでも掲示板サイトやレビューサイトの運営を前提に 
アフィリエイトをしていくツールやノウハウはあったかと思います。 
 
しかし通常の掲示板サイト、レビューサイト等では 
 
・ そもそも先立つアクセスが集まらない 
・ 故にコンテンツがいつまでたっても充実しない
 
 
というような状況に陥ってしまい、 
結果を出せない運営者が後を絶ちませんでした。 
 
ただ、今回のツールはその「先立つ集客」という点では 
検索エンジンの恩恵を受けやすい「情報まとめサイト」を構築し、 
あくまでもキュレーションサイトとして見込み客を集めていく事が出来ます。 
 
その上でのコメント投稿についても、 
その「まとめ情報」が先立つ取っ掛かりとなる為、 
その内容についての意見等が投稿され易い傾向にあります。
 
 
仮にそのようなコメント投稿が思うように集まらなくても 
運営者自身が作成していくスレッド(まとめページ)の方で、 
キュレーションサイトとしての集客力は十分に発揮してくれますので 
 
・ キュレーションサイトとしてのメリット 
・ 掲示板、レビューサイトとしてのメリット
 
 
この両方の良いところだけを活かして、 
効率的なサイト運営を実現していく事が出来るわけです。 
 
まさにこの仕組みこそが某トップアフィリエイターに 
「こんなサイト作成ツールが欲しかった!」 
と言わしめた大きなポイントの1つと言っていいと思います。 
 
 
 

 
 
これは言わばそのキュレーションサイトからの「誘導戦略」です。 
 
キュレーションサイトはあくまでも「集客の入口」ですので、 
そこで集めた見込み客を「収益化」させていくには、 
そこからの「誘導」が必要になります。
 
 
その為の「戦略」としては、 
 
・ 集客した見込み客の購買意欲を高めていく仕組み 
・ その購買意欲を高めた見込み客だけを落ちし込んでいく仕組み
 
これらの仕掛けを施していく事が有効であり、 
当ツールで構築出来るキュレーションサイトは、 
これらの「誘導の仕組み」を備えたものを 
各ページごとに作成していく事が出来るようになっています。 
 
基本的にはその仕組みをそのまま活かしていけば問題ありません。 
 
まさに、キュレーションサイトの構成と特性を生かして 
訪問者の購買意欲を高めて誘導していく仕組みが 
作成していくサイト内に自動的に備わっていくようになっています。
 
 
そしてその誘導先として当ツールが推奨する活用ステップとしては 
 
「別サイト(ブログ)への誘導」 
 
という「ワンクッション」を入れる事をお勧めしています。 
 

 
 
この流れを作る事によってその「成約率」を格段に高められるからです。 
 
 

 
このワンクッション戦略をもちいていく事で、 
その成約率を格段に向上させられる理由として、 
ブログ、サイトの方ではキュレーションサイトとは別視点の 
 
「主観的な情報を与えられる事」
 
にあります。 
 
キュレーションサイトは言わば「客観的な情報」をまとめ、 
そこに第3者のコメント投稿が寄せられたコンテンツである事から 
いざ商品を成約させていく「決め手」に欠ける傾向にあります。 
 
そこで「主観的な情報を与えるブログ・サイト」等に誘導し、 
客観性の強い情報に後追いする形で背中を押してあげると 
その成約率は格段に高くなる傾向にあるわけです。
 
 
実際にこの戦略を用いてAさん、Bさんは、 
ほぼアフィリエイトが未経験の状態からサイトを1から構築し、 
既にお見せしてきたような実績を手にしてきています。 
 
ただ、これはとくにそのブログ・サイトのみで、 
無理に商品の売り込みを行っていくというわけではありません。
 
 
あくまでも「最後の一押し」として、 
主観的な意見をもう1つ添えていく事がポイントになります。 
 
客観的な情報で購買意欲と関心を高めた見込み客に対しては 
その「最後の一押し」が絶大な効果を生み出すという事です。
 
 
 
 

 
 
よって、当ツールを活用していくステップとしては、 
 
「誘い込み」「囲い込み」「落とし込み」 
 
この3つの戦略を経て検索エンジンから見込み客を集め、 
そのキュレーションサイトを経由して自身のブログ、 
サイトへと訪問者を誘導していく流れを推奨しています。 
 
そこでキュレーションサイトから落としこんでいった見込み客に対し、 
最後の後押しとなる「主観的な情報」を与えていきます。
 
 
そしてそのままアフィリエイト広告へと「流し込んでいく」わけです。 
 
これがこのキュレーションサイトを利用した 
逆三角形型マーケティングの最後の仕上げとなる 
 
「流し込み戦略」 
 
です。 
 
 
 

 
 
よってこのツールを利用していく上での推奨戦略としては、 
キュレーションサイトの構築と併せて 
この「後押し要素となる媒体」を構築していきます。 
 
ただ、その媒体ではあくまでも「主観的な情報」を 
その「最後の後押し」として与えていく事を目的とするものですので、 
媒体そのものは「無料ブログ」などで問題ありません。
 
 
こちらはあくまでもキュレーションサイトの「受け皿」ですので、 
その「最後の後押し」となる主観的な情報と共に、 
アフィリエイト広告への誘導さえ行えれば良いものだからです。 
 
実際にこうした「主観的な後押し」を据えておくだけで、 
その成約率は格段に跳ね上がっていく傾向にあります。
 
 
勿論、絶対的にこのような流れを作らなければならないわけではありません。 
 
キュレーションサイトのみからダイレクトにアフィリエイトを行っても、 
それなりの成果を上げていく事が出来ると思います。
 
 
ただ、やはりその成約率は「主観的な情報」を加える事で、 
5〜10倍は変わってくる傾向にありますので、 
このツール、ノウハウをより有効に活用していきたいのであれば、 
やはりこの「ワンクッション戦略」を実践していく事をお勧めします。 
 
 

 
ブログを使ったアフィリエイトは、 
アフィリエイトの中でも最も王道的なものであり、 
実際に多くの人が挫折してきた手法でもあると思います。 
 
そんなブログアフィリエイトで多くの人が挫折している要因は、 
集客からその興味付け、売り込みに至るまでを 
その1つのブログだけで全てを行わなければいけない事にあります。
 
 
ブログ媒体を主体とするアフィリエイトでは、 
主観的な情報を与えていく事しか出来ない為、 
説得力のあるメッセージや根本的な文章の力が必要となり、 
俗に言うコピーライティングのスキルなども必要不可欠になります。 
 
結果的に「集客」も「売り込み」もうまくいかず、 
ブログアフィリエイトで稼げない人は後を絶たないわけです。
 
 
そんな中、アフィリエイトがほぼ未経験に近い人が 
このツールを利用した戦略ですぐに結果を出せているのは 
 
・ 集客のハードル 
・ 成約のハードル
 
 
この2つを「キュレーションサイト」というメディアを挟む事で、 
無難に超えられる流れを作っているからに他ならないと思います。 
 
・ 検索エンジンの恩恵を受けやすいキュレーションサイトの特性。 
・ 客観的な情報と主観的な情報を併せる事で購買意欲を高めていく戦略。
 
 
まさにこの2つがこのツールの有効性、 
ノウハウの再現性の高さを担っているという事です。 
 
 
 

 
 
成約型アフィリエイトの基本は「集客」し「成約」していく事です。 
 
ただ、多くのアフィリエイターはそのいずれか、 
もしくはその両方の壁に躓いてしまい、 
結果を出す事が出来ずに挫折している傾向にあります。 
 
そんな「集客」「成約」における2つのハードルを、 
この戦略では「キュレーションサイト」を用いていくクリアしています。
 
 
検索エンジンから購買意欲の高い見込み客だけを集め、 
客観的な情報と主観的な情報の相乗効果で 
その集客力を高い成約率に結び付けていく事が出来ているのです。
 
 
そんな「誘い込み」「囲い込み」「落とし込み」という、 
この戦略における重要なプロセスの「全て」を担う 
各機能を備えたキュレーションサイトを構築出来るツール。 
 
それがこの「Curation Agent System」だという事です。 
 
 
当サイト作成ツール「Curation Agent System」は、 
 
独自ドメインの取得とレンタルサーバーへのアップロードから、 
デザイン性の高いオリジナルのキュレーションサイトを構築出来る
 
 
というところに最大の特徴があり、 
 
・ システムの設置・設定 
・ サイトのデザイン、レイアウト
 
 
いずれも初心者の方でもシンプルな操作工程のみで 
デザイン性の高いサイトを構築頂けるようになっています。 
 
 
 システム設定画面
 
 
 テンプレート選択画面
 
 
 レイアウト設定画面
 
 
実際にこのツールでサイトを作成頂ければ、 
先立って解説させて頂いた運営戦略に必要なものも、 
そのサイト内に「全て」自動的に備わっていきます。 
 
 個別まとめページ(スレッド)の作成&管理機能
 
 
 コメント投稿&管理機能
 
 
 
また、スマートフォン端末での表示を最適化させる 
モバイルフレンドリー仕様のサイトが構築されますので、 
 
「スマートフォンユーザーにも完全対応」 
 
しています。 
 

 
当ツールはこれらの特性を兼ね備えたキュレーションサイトを 
操作性に優れた管理画面より一括して管理していくことが出来る、 
今日からでも独自性の高いキュレーションサイトを構築し、 
すぐにでも運営を開始していく事が可能なツール
 
 
となっています。 
 
当ツール「Curation Agent System」によるキュレーションサイトの構築・運営には 
独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約が必要になります。 
ドメインの取得費用は年間500〜1000円ほど、 
推奨レンタルサーバーの利用料は月額400円ほどとなっています。
 
(ご利用頂くレンタルサーバーは「コアサーバー」を推奨しています。)
 
 

 
 
そしてこのツールは先ほどお伝えした、 
「逆三角形型のキュレーションサイトマーケティング」を基に、 
 

 
です。 
 
まさに先ほどお見せしたAさん、Bさんの実績は、 
この「ツール」と「戦略」の両方があってこその成果と言っていいものです。 
 
そしてこの戦略を彼等に手ほどきしたのが他でも無い、 
ツールの開発にも協力を頂いた「トップアフィリエイターYさん」なのです。
 
 
このツールはその「Yさん」が実際に結果を出していた戦略を 
そのまま「再現」する為に開発したものであり、 
その出来栄えにはYさん自身も太鼓判を押してくれています。 
 
Yさん自身、キュレーションサイトの構築などの工程を含めて、 
 
「第3者に結果を出させるにはやや敷居が高いのではないか」 
 
と考えていたそうです。 
 
しかしこのツールは見事にYさんのその「想定」を打ち破ったのでした。 
 
「こんなサイトが作れるツールが欲しかった・・・!」 
 
この言葉が何よりもYさんの心情を表していると思います。 
 
そしてAさん、Bさんのように未経験者に近いコンサル生を集め、 
そのモニターテストでも結果を出していく事が出来た以上、 
この戦略を再現していく上で必要なピースは「残り1つ」に絞られました。 
 
その戦略の全てをしっかりまとめて「提供する事」です。 
 
 

 
 
このコンテンツの一式に関しましては、 
 
「未経験者に近いAさん、Bさんを実際に稼がせた」  
そう言っても決して過言では無い、 
そのトップアフィリエイターYさんの方に作成して頂きました。 
 
「こんなコンテンツを作って欲しかった!」
 
私達、ツール開発者側としてはその一言に尽きるものであり、 
アフィリエイター兼コンサルタントとしての「プライド」をかけ、 
その実績に恥じないものを作り込んで頂けたと思います。 
 
まさにその内容は「実践者目線」で作り込まれたものであり、 
そのコンテンツは以下のような4つの戦略別に構成されています。
 
 
・ コンテンツ1 : 検索エンジンからの「誘い込み戦略」 
・ コンテンツ2 : キュレーションサイトへの「囲い込み戦略」 
コンテンツ3 : 無料ブログへの「落とし込み戦略」 
・ コンテンツ4 : アフィリエイト広告への「流し込み戦略」
 
以下にそれぞれのコンテンツ内容をご紹介していきます。 
 
 

 
 

 
既にお伝えした通りこの「誘い込み戦略」では、 
検索エンジンにおける情報まとめサイトの優位性を利用し、 
特定の商品について評判や評価、レビューなどを求める 
既に高い購買意欲を持っている人だけを狙って集客していきます。 
 
この段階で行っていく事は狙いを定めた商品やその関連商品に対し、 
その商品情報の「まとめページ」を生成していく事です。
 
 
その特化したジャンルの関連商品のまとめページを作成していく事で 
購買意欲の高い見込み客の「集客網」を広げていきます。
 
 

 
この「誘い込み戦略」のコンテンツ内で公開しているノウハウ、 
そのポイント等は以下のようなものになります。 
 
 
 
逆三角形型キュレーションマーケティングにおける特化型キュレーションサイト」の明確な目的と「その目的を果たす為に徹底していくべき運営戦略とは。
 
まずはこの逆三角形型キュレーションマーケティングにおける「特化型キュレーションサイト」の目的とその目的に沿ったキュレーションサイトの運営戦略の全体像をここでより具体的に解説しています。あなたがこれから取り組んでいくノウハウがいかに合理的で有効なものであるか。ここで改めてその認識を高めていってください。 
 
 
購買意欲の高い見込み客を集めるべくして集めていく特化型キュレーションサイトの構築ポイントとは。
 
購買意欲の高い見込み客を集めるべくして集めていくには、その特化型キュレーションサイトの構築段階で幾つかのポイントを押さえていく必要があります。逆に言えばこのポイントさえ押さえていく事が出来れば、そのキュレーションサイトはほぼ例外なく「購買意欲の高い見込み客を集めていく事が出来る」ということです。 
 
 
特化型キュレーションサイトが検索エンジンの誘導される理由として挙げられる、Googleの順位決定における3つのメカニズムとは。
 
キュレーションサイト、まとめサイト等が軒並み検索エンジンに好まれ、上位表示されている事には、当然の事ながら確固たる「理由」があります。そしてそれは検索エンジンにおける「順位決定のメカニズム」にあり、そのメカニズムを理解してこそ、より有利なキュレーションサイトの運営方針、コンテンツ作りのポイントが見えてきます。何故、キュレーションサイト、まとめサイトが検索エンジンの恩恵を受けやすいのか。まずはその理由を検索エンジンのメカニズムと共に理解してください。 
 
 
検索エンジンにキーワードを打ち込んだ見込み客が、ほぼ無意識レベルで関心を寄せてしまうサイトタイトル、ページタイトルに入れておくべき「トリガーワード」とは。
 
検索エンジンからのアクセスは上位表示1位のサイトが必ずしも最もアクセスを集められているとは限りません。特定のキーワードを入力して検索を行った見込み客が思わず関心を寄せてしまう「トリガーワード」をページタイトル、サイトタイトルに用いておく事で、検索順位が2位以下でも十分なアクセスを集められるようになります。ここではその「トリガーワード」の考え方、見つけ方を解説しています。 
 
 
特化型キュレーションサイトだからこそ、その集客面での優位性、有効性を何倍も引き出す事が出来るコンセプト、ターゲット、キーワードの相対関係とは。
 
これはキュレーションサイトに限るものではありませんが、ビジネス目的のサイトを作成する際に重要なのはコンセプト、ターゲット、そしてそれらを踏まえた「キーワード」です。ただこの3つの重要性はキュレーションサイトであれば尚、重要なものであり、それぞれの相対関係による優位性、有効性は通常のウェブサイトやブログの何倍にもなると言っていいと思います。 
 
 
ブログアフィリエイトにおける記事の追加、集客と比較してキュレーションサイトのスレッド追加、集客が遥かに効率的で優位性が高い「要因」とは。
 
アフィリエイトや集客を目的としたメディアとして、最もポピュラーなものは「ブログ」かと思いますが、キュレーションサイトのスレッドの追加や集客はブログ記事の更新や集客に比べ、比較にならない程の効率性と優位性があります。このキュレーションサイト戦略がいかに合理的で有効なものかをこの「要因」を知る事で再認識してください。 
 
 
最もSEO対策効果を発揮しやすいサイトタイトルに必ず入れておくべき、あるたった1つのキーワードとは。
 
検索エンジンの恩恵を受ける為にキュレーションサイトのサイトタイトルには、必ずこれだけは入れておいた方が良いというキーワードが1つだけ存在します。これは検証に検証を重ねてきた結果が物語るものですので、そのキーワードを入れておくだけで長期的なその集客効果は途方もないレベルで変わってくると思います。 
 
 
検索エンジンにおける「サジェストキーワード」を利用して、検索ボリュームそのものを引き上げる、集客効果抜群の「サジェストワード対策」とは。
 
これは先ほどの「あるキーワード」にも関連してくるポイントですが、そのキーワードは検索エンジンにおける「サジェストキーワード」に深く関係しています。言うなればある特定のサジェストキーワードを表示させるべくして表示させ、検索ボリュームそのものを引き上げていく事で集客効果を間接的に上昇させる事が出来るのです。これは検索エンジンの恩恵を受けやすいキュレーションサイトだからこそ出来る極めて集客効果の高いテクニックと言えます。 
 
 
検索者の「好奇心」を煽り、思わずそのタイトルをクリックさせてしまう、スレッドタイトルに最適な○○○○○キーワードを用いたスレタイ作成法とは。
 
はどのようなスレッドタイトルでまとめページを作成し、投稿していくかが、言わば「アクセスアップの要」とも言える1つのポイントになっていきます。ただ、そんな検索者の好奇心を煽るスレッドタイトルはあるキーワードを入れていくだけで、実は簡単に作れてしまいます。ここではそのスレタイの作り方を具体的な事例と併せて解説しています。 
 
 
ライバルサイト、競合サイトの数、質を検索エンジンの検索結果からほぼ一目でチェックしていく方法とは。
 
同ジャンルのライバルサイト、競合サイトが無ければそのジャンルの「まとめサイト市場」はほぼ完全に牛耳れると言っても過言ではありません。ここではそんなライバルサイトの「数」と「質」をチェックしていく方法とそのポイントを解説しています。キュレーションサイトのジャンルを決めていく際はまず一度この方法でライバルサイトのチェックを行っていくようにしてください。 
 
 
物販か情報商材か。キュレーションサイトの構築において重要となる「出口(何を売っていくか)」を決めていく際のポイントとその基準とは。
 
出口(何を売るか)を明確にしてこそ集客していくべき見込み客の属性とその方針が明確になります。基本的にどんな商品ジャンルにも適用できるノウハウだからこそ、自分が「楽しんで資産構築が出来るジャンル」を選ぶ事も視野に入れてみてください。ここではそのポイントや視点、基準などについて解説しています。 
 
 
稼ぎ易い、収益を上げやすい、集客をしやすいジャンルと商品とそうではない商品の線引きラインとは。
 
先立つコンセプトはどういうジャンルの情報を扱い、どういう商品を売り込んでいくかで決まります。ここではそこに「失敗」だけはしないよう、傾向的に稼ぎ易い、収益を上げやすい、集客をしやすいジャンルと商品のポイントを挙げています。自分の趣味趣向は無視してとにかく「稼げるジャンル」「稼ぎ易い商品」を選んでいきたい場合は、この基準を重視してください。 
 
 
検索エンジンGoogle、Yahoo!の恩恵をこの上なく受け、ページ投稿時からすぐにでも上位表示を狙える、まとめページ作り(スレッド投稿)のポイントとは。
 
この特化型キュレーションにおける「集客の要」となっていくのは実質的に、サイト構築後に作成、投稿していく個別のスレッド(まとめページ)の方にあります。ここではキュレーションサイトのまとめページを検索エンジンの恩恵を受けやすく作成していく際のポイントを解説しています。スレッドを立てていく際は必ずこのポイントをしっかりと押さえていくようにしてください。 
 
 
スレッドの集客効果を引き上げていく為に必ず意識しなければならないメインキーワードと複合キーワードの相互関係とは。
 
検索エンジンからの恩恵を直接的に受けられるのは、そのキュレーションサイト内に投稿していく1つ1つのまとめページ(スレッド)の方です。スレッド作成の際はその「恩恵」を意識したキーワードを狙っていく必要があります。コンテンツそのものがその恩恵を受けられる以上、重要なポイントはこの「キーワード」の一点に絞られると言っても過言ではありません。 
 
 
競合の薄いキーワードで即時「上位表示」を狙っていく特化型キュレーションサイトに適したキーワードの絞り込み方とは。
 
例え検索ボリュームが少ないニッチキーワードでも、継続的なアクセスが見込めるならそんなニッチキーワードを狙ったまとめページ(スレッド)を量産していくだけで十分に安定したアクセスを見込んでいく事が可能になります。ここではそんなニッチキーワードを狙いうちして量よりも質のアクセスを集めるべくして集めていくキーワードの絞り込み戦略を解説しています。 
 
 
思わぬお宝キーワードがザクザク発掘出来てしまう、特化型キュレーションサイトに最適なグーグル○○○○○○○の活用法とは。
 
これはYさんが主にキーワードを拾っているグーグルのあるサービスを利用したキーワード発掘法になります。意外にこのサービスを利用してキーワードを拾っているサイト運営者はほとんどいません。「グーグルにこんなページがあったの?」と思う人も多いのではないかと思う、ちょっとした「穴場」を利用したキーワード発掘戦略です。 
 
 
サイト構築序盤段階においては特に有効となる「極めて購買意欲の高い見込み客だけ」を集めるべくして集められる、あるキーワードの組み合わせとは。
 
量より質の集客を意識していく上でどのようなジャンルのキュレーションサイトにも適用できる「極めて購買意欲の高い見込み客だけ」を集められる、即効性の高いキーワードの組み合わせというものが存在します。サイト構築序盤段階などはほぼこれを狙っていくだけでも十分なコンテンツを構成していけます。まずはこのキーワードを重視してスレッドを立てていくというのが非常に有効な戦略の1つになります。 
 
 
良質なアクセスがすぐにでも集められる「有効な複合キーワード」をそのまま取得していく事が出来る某有名サイトの○○○覧とは。
 
Yさんはもとより、Aさん、Bさんがコンテンツ作成時のキーワードを決める際は、必ずその某有名サイトの○○○覧からキーワードを抜き出し、スレッドを立てていました。何故そのサイトの○○○覧のキーワードがそこまで高い集客効果を生み出すのか。その理由を理解してもらえれば、この○○○覧を使わずにキーワードを決める事がいかに「愚かな行為」であるかを痛感してもらえるかと思います。 
 
 
ほぼネタに困ることも無く、悠々とコンテンツを追加してその集客の幅を拡大していく事が出来るコンテンツ追加戦略とは。
 
この特化型キュレーションサイトの運営における強みは、情報を特化したメディアを作っていくにも関わらず、そのコンテンツを追加していく際の「ネタ」にほぼ困る事が無い事がその1つとして挙げられます。ネタに困らず且つ容易に集客力の高いコンテンツを幾らでも追加していける事がこのノウハウの有効性とその再現性の高さを裏付けているという事です。 
 
 
商品名キーワードに付け加える事で、より集客効果を向上させられる商品名キーワード+○○キーワードの法則とは。
 
購買意欲の高い良質な集客を見込めるのは、他でも無くその特化性キュレーションサイトで扱うジャンルの「商品名キーワード」になります。その商品名キーワードにはほぼ鉄板で付け加えておくべき複合キーワードが存在します。その集客効果を更に引き上げていく為にもこの○○キーワードはしっかりと押さえていくようにしてください。 
 
 
関連商品のまとめページに関連した集客力の高いスレッドをほぼ制限なく幾らでも作成、投稿していく事が出来るまとめページ作りにおける「もう1つの視点」とは。
 
購買意欲の高い見込み客を集められるのは、何も特定の商品名キーワードを狙ったスレッドだけではありません。その商品名キーワード以外にも高い集客効果を上げられるスレッドネタというものは実は幾らでも存在します。そのキーワードの見つけ方、スレッドの立て方の視点、ポイントがここで解説されています。 
 
 
良質なアクセスの大洪水を巻き起こしていく、まとめページ(スレッド)に備えていくべき、「その引き金となる要素」とは。
 
まとめページ(スレッド)に多大なアクセスを呼び込んでいくには、必ずそこに備えていくべき「ある要素」があります。ここではその要素をしっかりと備えていくまとめページの作り方とその「備え方」を順を追って解説しています。これもまた「集客」における爆発力、継続力を左右する重要なポイントの1つです。 
 
 
検索エンジン側のアップデート等でどんな大きな順位変動があろうとも、そのアクセスの流れを止める事なく長期的に安定させる「保全戦略」とは。
 
検索エンジンGoogleのアップデート等における一時的な順位変動等は検索エンジンからのアクセスをメインにサイトを運営していく以上は避けられません。ただ、その一時的な順位変動等をモノともしない「保険」をほんの一手間、サイト内に施していく事で、そのアクセスの流れを決して止める事なく安定させれる方法があります。ここではその「保全戦略」についてを解説しています。 
 
 
無料サービス等では無くあくまでも「独自ドメイン」によってキュレーションサイトを構築していくからこそ実現させる事が出来る長期的な資産構築戦略の恩恵とは。
 
あなたはどこからの誰かにその「最終的な権限」を掌握されている状況で「一生涯の資産」になっていく可能性さえある仕組みを構築していく気になりますか?このノウハウで作成していくサイトはまさにそんな「一生涯の資産」であるという自覚を持ってください。だからこそその「権限」を他の第3者に握られているような状況でサイトを構築してはいけないのです。 
 
 
人為的な「被リンク対策」が無効化されていった今だからこそ、よりその有効性を存分に発揮出来るようになった次世代の「特化型相互リンク対策」とは。
 
この特化型キュレーションサイトの構築、運営においては、もはや何の成果も得られなくなった無意味なSEO対策、被リンク対策等は一切行いません。ただ、今もこれからも確実に有効であると考えられるピンポイントな対策はしっかりと講じていきます。その1つがほんの一手間で行えるこの「特化型相互リンク対策」です。 
 
 
旬なトレンド商品を狙って突発的な集客効果を上げていく「キュレーションサイトを活用したトレンドマーケティング」とは。
 
どのようなジャンルの商品でもその分野には特有の「旬な商品」というものが存在し、そのような旬な商品を取り上げる事で、トレンドに乗った瞬発的な集客効果を上げていく事が可能になります。即効性の高い集客効果を上げていきたい場合はこのマーケティング戦略をガンガン取り入れていってください。 
 
 
最終的にはほぼ自動化による手放し運営も可能にする、バイラル効果を見込んだスレッド&コンテンツ構築戦略とは。
 
このキュレーションサイト戦略は、ある程度の起動に乗せていくと、ほぼ自動化に近い近い形で手放し運営を行っていく事が可能になります。その自動化運営を合理的に進める上で必要不可欠になるのが「バイラル効果を生み出す仕掛け作り」です。ここではそのバイラル効果を見込んだスレッド及びコンテンツの構築を行っていくポイントを解説しています。 
 
 
検索エンジンの上位表示を安定的に維持し、その位置をほぼ不動のものにしていく為に行うべきたった1つの上位表示継続戦略とは。
 
このツールで作成したキュレーションサイトをしっかりと運営していけば、あらゆるキーワードでサイトは上位表示されていくようになります。その際に重要なのはその順位を維持し続けていく事です。ここではその順位を継続的に維持し、また、不動のものにしていく「上位表示を維持する為の対策」を解説しています。これは多くのサイト運営者が意外にも見落としているポイントでもありますので、必ず実践していく事をお勧めします。 
 
 
 
 

 
検索エンジンから購買意欲の高い見込み客を集客していったなら、 
この戦略によって「見込み客の囲い込み」を図っていきます。
 
 
その「囲い込みの仕掛け」として、 
当ツールで構築出来るキュレーションサイトには、 
 
「訪問者が情報の追加や意見を書き込めるコメント投稿機能」 
 
が備わっていますので、アクセスが集まっていくごとに、 
コンテンツが自然に成長していく仕組みが備わっています。 
 

 
そのページで扱っている商品やサービスについて、 
批評意見や評価、レビュー等のコメントを集めていく事で 
ページ1つ1つの内容をより充実させていくわけです。
 
 
そんなこの「キュレーションサイトへの囲い込み戦略」について、 
こちらで公開しているノウハウは以下のようなものになります。 
 
 
その「囲い込み効果」を絶大なものにしていくキュレーションページの作成戦略とそのコンテンツ構成におけるポイントとは。
 
検索エンジンからアクセスを呼び込めても、そこに「読むだけの価値がある情報」が示されていなければ、訪問者はすぐにサイトをあとにしてしまいます。ここでは呼び込んだ訪問者に対して瞬時に「このサイトには自分の求めている情報がたくさん“まとめ”られている」と判断させるページ構成、コンテンツ構成のポイントを解説しています。 
 
 
キュレーションサイト構築段階でとくに力を入れていくべき「サイトの盛り上がり」を演出する「下地作り」の鉄則とは。
 
訪問者を囲い込んでいく為に必要な要素の1つは「サイトの盛り上がりを感じさせる事」です。サイトの立ち上げ段階はまとめページ(スレッド)もコメントもゼロの段階からのスタートとなりますが、このような初期段階だからこそ出来る「盛り上がりを感じさせるテクニック」があります。これはサイト構築段階では鉄則にも近いものになりますのでまずはこの戦略でスタートダッシュを切ってください。 
 
 
訪問者を囲い込んでいく為の大前提として意識していくべきキュレーションサイトの「幅」と「深さ」の相対関係とは。
 
当ツールで構築していく事が出来るキュレーションサイトにはその戦略的な概念として「幅」という視点に対しての「深さ」という視点が存在します。大前提としてこの2つの力の入れ具体のバランスを取っていってこそ、キュレーションサイトとしての全体的な「質」を向上させていく事が出来ると考えてください。ここではその2つの関係性を解説しています。 
 
 
たった1つの要素に「ひねり」を加えるだけで面白いほどにそのスレッドに人が集まり、活気が溢れだす、まとめページ(スレッド)作成時の「ツボ」とも言えるポイントとは。
 
スレッド作成の際、この「ツボ」を押さえるだけでそのスレッドへのコメント投稿率は格段に伸びる傾向にあります。決して押さえる事が難しいものではありませんので、出来る限りスレッドを立てる際はこのツボを押さえたものを立てていくようにしてください。結果的にそれが最も効果的な「囲い込み戦略」になっていきます。 
 
 
訪問者の求める情報を与え、また「それ以上の情報」が今後も更新され続けるという期待値を高める事で「リピーター化」を図っていくスレッド&コメントの演出テクニックとは。
 
訪問者のリピーター化を左右するのはやはり「求めている情報を与える事」と「それ以上の情報が今後も提供される」という期待値を高める事になります。このツールで構築出来るキュレーションサイトではスレッドに、コメントに、その期待値を高めていけるような仕掛けを施せるようになっています。この演出テクニックを活用してその仕掛けを存分に活用していってください。、 
 
 
キュレーションサイト全体の印象、盛り上がり、信憑性を演出する上で、まとめページの全体2〜3割ほどに意識するべきポイントとは。
 
これは1つのスパイス的な役割を果たす要素となります。キュレーションサイト全体の印象、盛り上がり、信憑性を向上させる上で、全体のまとめページ(スレッド)の2〜3割程度はこのポイントを意識していくようにしてください。この2〜3割がアクセントとなり、キュレーションサイト全体が「引き締まる」ようになります。 
 
 
2ちゃんねるに学ぶ訪問者が思わずスレッドを立てたくなる、利用者にキュレーションサイトを「盛り上げさせていく為」の鉄則とは。
 
利用者によるまとめページが日々、投稿されるようになれば、サイトのコンテンツは勝手に充実していくようになり、まさにほぼ放置状態の運営でも勝手にサイトが成長し、見込み客が見込み客を呼び込んでいってくれるようになります。そんな訪問者による良質なスレッドが次々と投稿されるサイト作りの鉄則もしっかりと解説しています。その秘密はあの掲示板サイト「2ちゃんねる」にありました。 
 
 
匿名発言が大好きな日本人の特性を生かしていくコメント投稿機能付きキュレーションサイトだからこそ極めて有効な運営戦略とは。
 
日本人の国民性的に「匿名での意見投稿」は日本のインターネット市場特有の文化と言ってもいいと思います。そんな国民性を巧妙に刺激していく事が出来るコメント投稿機能付きキュレーションサイトにはちょっとした工夫で訪問者を一気に囲い込める要素を数多く仕掛けていく事が出来ます。ここではその特性を前提とした運営戦略の全体像をしっかりと頭に叩き込んでください。 
 
 
何故、誰が投稿したかもわからないコメント投稿に釘付けになっていくのか。その口コミ投稿の「信憑性」を高める演出テクニックとは。
 
基本、当キュレーションサイトへのコメント投稿は全て「匿名投稿」です。ここではただそんな匿名投稿の「信憑性」を格段に引き上げるキュレーションサイト全体のある「演出テクニック」を解説しています。この演出を加えていくだけでもサイト全体の「訴求力」は大きく変わってきますので、この「囲い込み戦略」には欠かせないテクニックの1つです。 
 
 
Amazon、楽天に学ぶ「訪問者の口コミ投稿」を価値のある立派なコンテンツの1つとして構成していく運営戦略とは。
 
楽天、Amazonなどは、利用者の口コミ投稿を価値のあるコンテンツの1つとして構成していく事に成功しているショッピングサイトの代表格と言えます。ここではそんなAmazon、楽天に学ぶ「良質な口コミ投稿」を合理的に集め、それを価値のあるコンテンツとして構成していく運営戦略を解説しています。特化型キュレーションサイトだからこそ、より有効に活用出来る非常に効果的な戦略と言えます。 
 
 
訪問者、コメント投稿者同士の「コミュニケーション」や「掛け合い」を意図的に誘発していくサイト運営者の「特権」を活かした「利用者間の交流“誘発”戦術」とは。
 
運営者が自由にページを作成出来るキュレーションサイトにコメント投稿機能を備えたこのサイトの醍醐味は利用者間の「交流」が生まれるところにもあります。ここではそんな交わり、コミュニケーション、掛け合いを「運営者の特権」を駆使し、意図的に誘発していく戦略を解説しています。時折この誘発戦略を交えていく事がサイトの成長を早めていく事に繋がっていきます。 
 
 
訪問者からのコメント投稿をごく自然に誘発していく「口コミを書き込みたくなるスレッド(まとめ情報)」の作り方とは。
 
このキュレーションサイトの運営において訪問者からのコメント投稿は立派なコンテンツの一部となっていく余地があり、またコメント投稿をしてくれたユーザーは自然とサイトにコミットし、リピーターとして何度も訪問し、何度もコメントを投稿してくれるようになります。これこそがまさに「囲い込み戦略」の一端でもあります。そんなヘビーユーザーを次々と生み出していく為の効果的なスレッド(まとめ情報)の作り方をここでしっかりとマスターしてください。 
 
 
価格コムに学ぶ商品と価格の客観性を「価値のあるコンテンツ情報」に変えていく訪問者が最も求める「比較情報」を与えるテクニックとは。
 
この特化型キュレーションサイトは「そのジャンルの商品の客観的情報」を多数掲載してそれらを「比較」させられるところポイントの1つです。ここではその客観的な比較情報を与えて訪問者を囲い込み、思わずサイトをブックマークさせていくテクニックを解説しています。 
 
 
食べログに学ぶ「客観的な採点効果」を客観的な情報として提供していく、まとめ情報+コメント投稿の相乗効果戦略とは。
 
大元となる情報に対してコメント投稿が寄せられ、それを1つの指標としていく事に付加価値を与えているサイトとしては「食べログ」がその代表格の1つと言えます。そんな食べログにもこのキュレーションサイト運営に役立つ効果的な戦略がありますので、そこはこの運営戦略でもしっかりと押さえこんでいます。まとめ情報とコメント投稿の相乗効果をより有効に発揮していく事が出来る非常に有効な戦略です。 
 
 
ネガティブな情報、コメントにこそ「価値」を感じる人間心理を利用した、あえてネガティブコメントを誘発していくテクニックとは。
 
キュレーションサイトとしての信憑性や盛り上がりに欠かせない要素は、実はポジティブな情報やコメントでは無く、それとは真逆にあたる「ネガティブな情報やコメント」にあります。そんなネガティブな情報、コメントはポジティブな情報、コメント以上に集め易い傾向にあります。あえてそんな「ネガティブコメント」を誘発していくテクニックをここで公開しています。ネガティブ情報を制するものはキュレーションサイトを制すると言っても過言では無い極めて有効なテクニックです。 
 
 
関連情報の「トレンド」を狙った話題を取り上げ、見込み客を「大量」に囲い込んでいく「キュレーション型炎上マーケティングとは。
 
どんなジャンルの情報にも少なからず、その中での「トレンド」のようなものがあります。ここではそのトレンドをうまく利用していく事でそのスレッドに「注目」と「話題」を集め、その場を意図的に「炎上」させていくマーケティング戦略を解説しています。キュレーションサイトの収益を一気に引き上げていくテクニックとして、このマーケティング戦略は極めて有効なその「起爆剤」の役割を果たしてくれる傾向にあります。 
 
 
気が付くとサイト内に立ち並ぶスレッドを次から次へと読み漁ってしまう、合理的なスレッド間の誘導戦略とは。  
訪問者を囲い込んでいく為に、サイト内のスレッドを橋渡しさせていくように巡回させていく事が1つのポイントになります。当ツールで構築出来るキュレーションサイトでは、そんな「橋渡し」を合理的に実現させていく仕掛けをほんの一手間で仕込んでいく事が出来るようになっています。ここではその誘導戦略とその仕掛けを有効に活用していく方法を解説しています。 
 
 
訪問者をグイグイと引き込んでいく「訴求力のあるスレタイ(スレッドタイトル)」を付けていく為のポイントとは。
 
これは一見、文章力、コピーライティングのスキル等が必要なポイントに思われがちですが、実はそんな難しいポイントを押さえずとも、訪問者を引き込めるスレタイ(スレッドタイトル)は簡単に作っていく事が出来ます。シンプルながらも極めて効果的な「訴求力のあるスレタイを付けていくポイント」をここでしっかりとマスターし、すぐにでも実用していってください。 
 
 
作成したばかりのまとめページ(スレッド)にスタートダッシュをかけて一気に盛り上げる「バンドワゴン戦略」とは。
 
新たに作成したスレッド、作成されたスレッドをすぐにでも盛り上げ、一気にその注目度を高めていく為の戦略としては、行動心理学で言うところの「バンドワゴン効果」を応用したこの戦略が効果的な傾向にあります。サイトに訪れた人の多くが思わずそこに集まり、コメントを投稿してしまう。そんな演出作用を引き出す非常に効果的な戦略です。 
 
 
これまではただ「迷惑」でしか無かった迷惑メール、スパムメールを絶好のネタ元、情報源に変えていく「スレッド作成における逆転発想方」とは。
 
今、あなたのメールアドレスに迷惑メール、スパムメール等は届いていませんか?実はそのメールの内容の一部はこの特化型キュレーションサイトには絶好のネタ元になる情報が含まれています。これまでは迷惑でしかなかったスパムメールもこのノウハウで存分に活用していってください。 
 
 
自らのレス投稿によって、訪問者のコメント投稿を誘発し、話題を盛り上げてい○○を演出した「管理人レス戦略」とは。
 
当キュレーションサイトでは当然ですが運営者自らがコメントを投稿していく事も可能です。ここではそんな「管理人レス(コメント)」によって訪問者のコメント投稿を誘発し、また盛り上げていく戦略を解説しています。とくにその段階で○○を演出していけば、コメント投稿はほぼ鉄板で手っ取り早く集めていく事が出来てしまいます。 
 
 
話題の詐○商法、炎上中の詐○商材を利用して被○者達を集め、話題と注目を一気に集める炎上商材「便乗」マーケティングとは。
 
情報商材業界はおのずと「炎上」状況になるような詐○的な情報商材が時折登場してきます。そんな炎上中の商材を取り上げ被○者達の生の声を反映させていく場を作れば、そのスレッドは途方もないレベルの盛り上がりを見せていきます。消費者の目線、利益を優先したサイト運営こそが大きな利益を生み出す事にも繋がっていくという事です。 
 
 
優良なコンテンツ、情報源を見つけ出し、その文章の編集、改変でコンテンツを生み出していく「リライト」によるコンテンツ構築術とは。
 
「既存の情報、文章のリライト」によって良質なコンテンツを作り込んでいくテクニックです。文章を書く事、作る事、考える事が苦手な人には非常に有効な手法と言えます。1から文章を創作していく事を避けたい人はこのノウハウを多いに活用してコンテンツを作成していってください。 
 
 
コピーペーストを「合法的」に行える「文章の引用」を駆使して、良質なコンテンツを作成していく際のポイントとは。
 
これは法律的にも認められている「引用」という手法を用いて、既存の文章をそのまま「拝借(コピーペースト)」してコンテンツを作成していく際の注意点やポイントを解説しています。引用には幾つかの「定義」や「決まり」があります。まずはそのポイントを押さえていく事で、引用文を有効に活用してこそ意味がありますのでそのポイントも併せて解説しています。 
 
 
 
 

 
この「落とし込み戦略」では、 
 
・ 集客した見込み客の購買意欲を高めていく仕組み 
・ その購買意欲を高めた見込み客だけを落ちし込んでいく仕組み
 
 
これらの仕掛けをキュレーションサイト内に施していきます。 
 
その仕掛けとしては「別媒体への誘導」を図り、 
キュレーションサイトにおいて与えていく「客観性の高い情報」に加え、 
更に「主観性の高い情報」を与えていく戦略を取っています。
 
 

 
 
この「落とし込み戦略」のコンテンツ内で公開しているノウハウ、 
そのポイント等は以下のようなものになります。 
 
 
ジャンルを特化した上で広げていった複数の入口から集めていった見込み客を、たった1つの「出口」に落とし込んでいく逆三角形マーケティングの真髄とは。
 
ここで解説していく「落とし込み戦略」は言わば、この逆三角形マーケティングンの「逆三角形」を形成する最も大きな「絞り込み段階」に相当するポイントになります。出口を1つに定めるからこそ、その「流れ」はナチュラルなものになり、この「落とし込み」によって訪問者の購買意欲はより強固なものになっていきます。まずはこの落とし込み段階の「真髄」とも言えるポイントをしっかりと理解してください。 
 
 
検索エンジンから呼び込んだ見込み客のテンションを引き上げ、購買意欲を高めて落とし込んでいく「このキュレーションサイトならでは特性を利用した仕掛け」とは。
 
当ツールで構築出来る「特化型キュレーションサイト」に訪れる訪問者は必然的に明確な1つの目的意識を持っている傾向にあります。その意識をくみ取ったコンテンツ、情報を提供する事でその訪問者の意識は高い「購買意欲」に変わっていきます。そのテンションを高めた状態で「落とし込み」を図っていくというのがこの逆三角形型キュレーションマーケティングの基本原則です。 
 
 
キュレーションサイトに直接アフィリエイト広告を貼るよりも、この「落とし込み戦略」を採用していく事がより見込み客の購買意欲を高められる理由とは。
 
既にここでお伝えしたポイントでもありますが、実際のキュレーションサイトの仕様、誘導先となるブログのコンセプトを踏まえた上で、この「落とし込み戦略」の有効性の理解度をより深めてください。この戦略を用いる事で何故、見込み客の購買意欲がより高まり、より大きな収益に結び付いていくのか。その理屈をその「根底」から認識して頂ければと思います。 
 
 
「早くその商品をくれ!」そんな購買意欲が高すぎる”欲しがりさん”のみを落としこんでいく、その「導線作り」のポイントとは。
 
このキュレーションサイトのメリットは客観的なまとめ情報、コメント投稿等の情報を蓄積していける事であり、その蓄積された情報、コンテンツの1つ1つがこの「落とし込み戦略の導線」に繋がっていくようになっています。ここではそんな「導線作り」のポイントを解説すると共に具体的な事例等を上げこの落とし込み戦略そのものの全体像を解説しています。あなたがいかにこれから「稼げて当たり前の仕掛け」を構築していこうとしているか、ここで改めて再認識して頂けるはずです。 
 
 
キュレーションサイトに呼び込んだ購買意欲の高い見込み客を決して逃す事無くブログの方へ落とし込んでいく、その「3つの導線」とは。
 
キュレーションサイトからブログへの落とし込みを図る導線としては、実質的に3パターンの導線を作ってその誘導を図っていきます。まずはその3つの導線それぞれのポイントと役割を理解を深めてください。ここから解説していく「落とし込み戦略」は実質的にそのほぼ全てがその3つの導線、それぞれの役割とポイントを前提としたものになります。 
 
 
コンテンツ、投稿コメントの「信憑性」を高め、キュレーションサイト全体のブランド価値を上げて落とし込みの「動機」に変えていく演出戦略とは。
 
この落とし込み戦略の究極はサイトに掲載されているあたゆる情報の「信憑性」を高めていくにあります。まずはその全体的な情報の価値を確固たるものにしていく演出戦略をしっかりと押さえていってください。この演出を行っていくかどうかだけでも「ブログ媒体への誘導率」は大きく変わってきます。 
 
 
独自ドメインによるキュレーションサイトと瞬発性のある無料ブログ。この2つのメディアを連係させていくからこそ、より有効になるその「相互運用効果」とは。
 
この「逆三角形型キュレーションマーケティング」では、独自ドメインによって長期的な資産構築を前提に構築するキュレーションサイトに対し、瞬発性という点に優れた無料ブログを連動させる事で、いち早くその成果を上げていく事を前提にしています。戦略的には無料ブログの方も独自ドメインによるワードプレス等のブログを構築しても問題はありません。ですがやはりその瞬発性や初心者にも扱いやすいという点で当マニュアルでは無料ブログの使用を前提にマニュアルを構成致しました。この2つのメディアそれぞれのメリットをここでしっかりと押さえておいてください。 
 
 
一個作成したまとめページから常に安定した誘導を図り続ける事を可能にする「主要スレッド」からの長期誘導戦略とは。
 
スレッド(まとめページ)を自ら立てていく中には「これ」と決めて推奨していきたい商品のスレッドを立てていく事もあります。そのような「主要」となるスレッドはまさに購買意欲を高めた見込み客を落とし込んでいく最適なポイントになっていきます。ここではそのような「主要となるスレッド」を介して長期誘導を図っていくポイントを解説しています。決して多様していくようなノウハウではありませんが押さえるべきところはしっかりと押さえておく必要がある重要なポイントの1つです。 
 
 
スレッドの盛り上がりに便乗して絶妙なタイミングでコメント覧からの誘導を図っていくステルスマーケティングを応用した誘導戦略とは。 
キュレーションサイトの観覧者をブログに落とし込んでいけるのはメインコンテンツやスレッド内だけではありません。管理人としてコメントを投稿し、そこから誘導を図る事も出来てしまいます。その場合、重要なのは誘導を図るコメントを投稿する「タイミング」です。ステルスマーケティングを応用したそのナチュラルな誘導のタイミングと方法をここで解説しています 
 
 
キュレーションサイトからブログへの導線をより自然に構築していく、それぞれのサイト構成と特性を生かした「ローカルルールの法則」とは。
 
キュレーションサイトからブログへのリンクは主に「ローカルルール」と呼ばれる形で張り巡らせていく戦略を取ります。一元の訪問者からリピーターとして訪れた訪問者まで、サイトを巡回していく訪問者達が自然と「そこ」に誘導され、アクセスしていく流れを作っていく上では、この法則に沿った誘導リンクの作り方が、最もナチュラルな誘導を図っていける構成と言えるからです。 
 
 
導線としての役割と共に「SEO対策効果」も相乗してもたらす事が出来る、効果的な相互リンク対策とは。
 
SEO対策の定説の中には「相互リンクはSEO効果をもたらさない」というものもありますが、それは大きな間違いです。「無意味な相互リンク」はその意味をもたらしませんが、「意義のある相互リンク」であればそこにはしっかりとSEO対策効果も期待していく事が出来ます。ここではその「効果的な相互リンク対策を施すポイント」を解説しています。 
 
 
コメント投稿の「流れ」を演出して管理人の「主観的意見」が知りたくて堪らない心理状況を作り出していく誘導テクニックとは。
 
ブログへの落とし込みにおける最も手っ取り早い「動機」は、サイトの運営者(管理人)の「主観的意見」を知りたい、気になるという心理状況を作る事です。ここではそんな心理状況をスレッドに対してのコメントの流れによって意図的に作り出していく心理誘導テクニックを解説しています。心理誘導を聞くと、難しそうな印象を受けるかもしれませんが、これは心理学のテクニックの中では至って初歩的なものですので、実はそこまで難しいものではありません。是非、有効に活用していってください。 
 
 
「じゃあどの商品が評判なの?」「どの商品がお勧めなの?」おのずと行きつくその心理をくみ取った合理的な誘導ルートの作り方とは。
 
購買欲の高い見込み客が求めているものは、結局のところそのジャンルの「良質な商品」です。その評判、評価が高い商品が掲載されている一覧をさり気なく訪問者の目に留まる位置に貼り付けておいたなら・・・この誘導ルートあえて「目立たせ過ぎない事」がそのポイントの1つです。 
 
 
ネガティブ、マイナス情報の中に一筋の光が垣間見える。そんな出口を作る事でほぼ無意識的に訪問者を呼び込むテクニックとは。
 
特化型キュレーションサイトで特定ジャンルの商品をコンテンツとして扱っていったなら、おのずとそこにはマイナス情報、ネガティブ情報も多く掲載される事になります。そんな中にあえて「一筋の光」が垣間見える「出口」を作ってみたなら・・・良くも悪くもその「真相」を確かめたくなるのが人間心理というもの。これはそんな本能的な人間心理を利用した誘導テクニックの1つです。 
 
 
影響力の高い投稿スレッド、コメントをフォーカスし、その一点を入口に「口コのミトレンド」を巻き起こし、一気に誘導を図っていく「口コミトレンド戦略」とは。
 
ユーザー投稿型のキュレーションサイトを運営していると極めて切れ味の鋭いスレッド、コメントが投稿される事も珍しくありません。ここではそんな切れ味の鋭い投稿情報を決して埋もれさせる事なくフォーカスし、そこに注目を集めて「便乗」を図るトレンド戦略を解説しています。これもYさんが爆発的なアクセスを定期的に集めている非常に有効な戦略ですので必ず取り入れていくようにしてください。 
 
 
特定商品のまとめ情報(スレッド)のコメント欄に多くの「ポジティブ投稿」を意図的に誘発していく演出テクニックとは。
 
特定の商品に興味や関心を抱かせる事が出来る要素の1つは、その商品のスレッドに多く寄せらた「ポジティブな口コミ」です。そんなポジティブな投稿が集めやすいスレッドには幾つかの共通点があり、そのポイントを押さえた「流れ」を作る事でそのスレッドはどんどんポジティブな投稿が集まってくるようになります。全てのスレッドにこれをやっては意味がありませんがここぞというスレッドに活用していくと絶大な「落とし込み効果」を得られる有効な戦略の1つです。 
 
 
 

 
コンテンツ3までの内容が、 
キュレーションサイト側の運営戦略であった事に対し、 
この「コンテンツ4」はそこから「広告への誘導」を図っていく 
別媒体の構築戦略を解説したものになります。 
 
こちらのコンテンツ内では「無料ブログ」を利用して、 
この戦略を実践していく以下のようなノウハウを解説しています。
 
 
 
情報迷子を拾い集め意識を一本化させ、購買意欲を極限レベルまで高めた上でアフィリエイト広告へと流し込んでいく。その最終段階にあたる「流し込み戦略の全容」とは。

 
この逆三角形型キュレーションマーケティングは情報が溢れすぎているインターネット上で「情報迷子」になってしまっている人達を「情報まとめサイト」に集めていくところから始まり、その意識を一本化させていく戦略と言っても過言ではありません。この「流し込み戦略」はまさにその最終段階の「仕上げ」に相当する戦略となっています。まずは「最後の詰め」となるこの戦略の「落とし所」をしっかりと理解してください。 
 
 
ブログ、キュレーションサイトの相互作用で決して見込み客を逃がす事無くアフィリエイト広告へと流し込んでいく「囲い込み」を前提とするからこそ有効となる誘導テクニックとは。
 
この最終的な流し込み戦略はそれに先立つキュレーションサイトでの「囲い込み」が生きていてこそ、その有効性を各段に高められる誘導戦略となっています。そんな「囲い込み状態」を前提とするからこそ有効になる誘導テクニックをここで余す事なく公開しています。キュレーションサイトの出口をブログに据え、ブログの出口をアフィリエイト広告に据えているからこそ、この誘導戦略は面白いように見込み客が購買意欲を高めながら「落とし込まれ、流し込まれていく」わけです。 
 
 
その成約率を5〜10倍にまで跳ね上げた「主観的な情報」を適切に提供する為のブログ構成・コンテンツ作りのポイントとは。
 
この戦略におけるブログは記事1つ1つの質や説得力よりもその「流れ」や「構成」が何よりもその成果を左右していきます。適切な情報を適切な流れで与えられる構成こそが重要だという事です。決して文章による売り込みの力に頼るようなノウハウではないからこそ、この「構成」と「コンテンツ作りのポイント」はしっかりと押さえていってください。 
 
 
キュレーションサイトという後ろ盾を用いてこそ有効になる「顔出し」も「実績」も不必要な「管理人ブランディング」とは。
 
本来、ブログ等を使ったアフィリエイトでは運営者の実績や信用が重要視され、それを基にブランディングを図っているようなアフィリエイターが大半を占めています。ただ、この戦略を用いていく上ではそのような実績はおろか、実名や顔写真の掲載なども全く必要ありません。その「キュレーションサイトを運営している」という事実が立派なブランディング材料になるからです。ここではその後ろ盾を利用したブランディング構築のポイントを解説しています。 
 
 
返報心理を訪問者の潜在意識に植え付け「どうせならこのブログから買おう」という心理を自然に引き出していく慢性的「演出戦略」とは。
 
人間心理における「返報性の原理」は、多くの人にとって決してあながう事の出来ない強い心理作用をもたらすものと言っていいと思います。ここではそんな「返報心理」を訪問者の潜在意識に植え付けていくある「演出テクニック」を解説しています。これはサイトビジネスやアフィリエイトに限らず、多くのビジネスに応用出来るものですが、この戦略に適した演出方法の効果は極めて「高い」です。ブログ構築の際はこの演出戦略のポイントもしっかりと押さえていってください。 
 
 
客観性の高い情報を前提とした「主観的な情報」によって、決して売り込む事なく成約率を自然に高めていくブログ記事のポイントとは。
 
この逆三角形型マーケティングにおける最後の落とし所となる「ブログ」における記事は、強いて特定の商品を売り込むような煽り文句等を並べる必要は全くありません。最後の最後にその決めてとなるような「あなたの意見」を主観的な情報として提供してあげれば、それが十分な意思決定の動機に繋がるからです。その記事のスタンスとテイスト等のポイントをここでしっかりと押さえておいてください。 
 
 
訪問者がキュレーションサイト、ブログの情報に最も信憑性を覚え、現実味を感じる絶対比率。コンテンツ構成において常に意識しておくべき「2:8の法則」とは。
 
これはブログのコンテンツに限らず、キュレーションサイトのコンテンツも同様に意識していくべき「重要な比率」であり、スレッドの投稿、記事の投稿は基本的にこの法則を意識して行って頂きます。この比率を維持するポイントを含め、この法則を厳守していく事がそのサイトの成果を大きく左右していくポイントになると言っても過言ではありません。この法則は言わばこのマーケティング戦略における1つの「原則」でもあるという事です。 
 
 
かの有名な「心理学実験」で知られる、あの「行動心理学の原理」を利用して圧倒的な信憑性と説得力をコンテンツにまとわせるミルグラムテクニックとは。
 
この特化型キュレーションサイトを用いたマーケティング戦略は随所に訪問者、見込み客の行動を「行動心理学の原理」を利用して誘導していく仕掛けを施しています。その中でもこの「ミルグラムテクニック」は、ブログにおけるコンテンツ、情報の「受け取り方」そのものに大きな影響を与えられるテクニックであり、そのまま収入にも直結していく戦略でもあります。これもキュレーションサイトという後ろ盾があってこそ、その有効性を各段に引き上げられるテクニックの1つです。 
 
 
ただ○○の記事を書いていくだけで「運営者としての信用」が訪問者の潜在意識の中に構築されていく、その「信頼関係の構築に絶大な効果を発揮する鉄板ネタ」とは。
 
運営者個人の信用度はキュレーションサイトそのものの信頼度にも直結していきます。そんな運営者個人の信頼度を上げていく為の戦略として、最も手っ取り早いのがこの「鉄板ネタ」を利用した「○○の記事」を書いていく事です。当面、ブログの方は定期的にこのネタで記事を書いていけばいいというくらい、有効なものですので、このネタを利用した記事は暇があれば書いて投稿していくくらいでもいいと思います。結果的にこれが巡り巡ってサイトの信用から収益そのものに直結していくからです。 
 
 
キュレーションサイト本体への集客効果にも繋がる、その連動ブログに適した効果絶大なブログタイトルの付け方とそのポイントとは。
 
この連動ブログにおけるブログタイトルは、キュレーションサイト本体のSEO効果を意識したものを付ける事をお勧めします。長期的に見るとそれが最も双方のメディアにとってメリットが大きいからです。ここではそのブログタイトルの付け方におけるポイントを解説しています。 
 
 
ブログ、キュレーションサイト双方の「パワー」を爆発的に高めることが出来る、その相乗効果を狙った相互○○○○対策とは。
 
キュレーションサイトとブログ。2つのメディアを同時構築し、運営していくからこそ行える、双方のメディアの「強さ」を相乗して引き上げていく事が出来る方法があります。ここではその相互○○○○対策の有効性とその方法、ポイント等を事例と共に解説しています。これは一度施しておけば長期的に効果を発揮出来る非常に有効な対策ですので、必ず行っておくようにしてください。 
 
 
YouTube動画をコンテンツの1つとして有効活用する「動画主体のコンテンツ」を作成していく際のポイントとは。
 
ブログのコンテンツを充実させる上で、動画というコンテンツを利用しない手はありません。ここではそんな動画主体のコンテンツを作成していく際のポイント等を解説しています。YouTubeの動画を記事に貼り付けるだけでは無く、動画というコンテンツそのものを「ブランディング」や「誘導」に活用していく応用テクニックも公開しています。 
 
 
たった1つのコンテンツを作り、それを「あるポイント」に備えておくだけで一気にブログに「血」を通わせ、親近感を持たせる事が出来る「演出テクニック」とは。
 
ブログはその運営者の人となりを感じさせられる役目も果たしていくものになります。だからこそブログ媒体そのものに「血を通わせる必要」があり、それを感じられるだけで一期に運営者と観覧者の距離は縮まり、親近感を持たせる事が可能になります。この演出テクニックではそんな「血の通ったブログ」の印象を一気に与える事が出来る、あるコンテンツの作成方法を解説しています。 
 
 
文章力やデザイン力等のスキルには一切頼らず、ブログ、記事の「印象」をグッと高められる誰でもすぐに採用出来るイメージアップ戦略とは。
 
文章力。デザイン力。そんなスキルを一切身につけずとも、ブログや記事の印象、イメージを簡単に高められる方法があります。文章のスキル、デザインのスキルはあるにこした事はありませんが、そういったスキルに自信が無いという人はブログの至るコンテンツ、記事にこの戦略を施していってください。それだけでブログや記事の「印象」はグッと良くなり、ブログ全体の「反応」も相乗して変わってくるはずです。 
 
 
稼いでいるブログアフィリエイターほどその戦略に長けているブログ特有の「タグ」を利用して集客効果を向上させる「タグ・マーケティング」とは。
 
ブログで稼いでいるアフィリエイターほど、ブログにおける「タグ」の機能を有効に活用しています。タグの設定そのものはただキーワードを放り込んでいくだけで簡単に出来るものですが、これを集客効果に結び付くように「適切に」設定出来ているブロガーが意外に少ないです。ポイントを押さえれば簡単に実用出来る集客効果も高い戦略ですので、このタグマーケティングもしっかりとそのポイントを押さえて実践していくようにしてください。 
 
 
文章力、文章内容とはほぼ無関係な、ある一点をただ「法則化」し徹底していくだけで、各段に文章が分かり易くなり、読みやすくなる「非ライティングテクニック」とは。
 
文章の読みやすさ、分かり易さは文章力や文章内容だけに左右されるものだと思っていませんか?実はある一点のポイントをきちんと法則化して徹底していくだけで、読みやすく、分かり易い文章は誰でもすぐに書けるようになります。ここではその「ライティングスキル」に頼らないテクニックで分かり易く、読みやすい文章を作る方法を解説しています。 
 
 
特化型キュレーションサイトとの連動ブログとして効果的に利用するべき3つのポイントを意識した「サイドバー活用戦略」とは。 
ブログのサイドバーをどう構成するかは訪問者の行動パターンを決める重要なポイントであり、キュレーションサイトの連動ブログとしてはそこに「3つのポイント」が存在します。基本的にブログのサイドバーはこの3つのポイントを原則として押さえ、構成していくようにしてください。 
 
 
主要となるブログコンテンツの「影響力」高め、その「誘導率」を高める為に絶大な効果を発揮する「○○○分けの法則」とは。
 
ブログに投稿していくコンテンツは大なり小なりその「重要度」が異なります。その中でとくに重要度が高い「主要」となるブログコンテンツの影響力と誘導率を高めていく上でこの○○○分けの法則は絶大な効果を発揮してくれます。また、この法則に沿った「仕訳」が出来ているかどうかでブログ全体の「まとまり」も大きく変わってきますので、コンテンツを構成していく際はこの法則を必ず意識しいってください。 
 
 
ブログ内に「意外な収入源」をちょっとしたひと手間の積み重ねで構築していく「棚ボタ収入源の構築戦略」とは。
 
これはYさんが偶然に近いレベルで見つけたもので、まさに「棚からボタ餅」と言える「意外な収入源」がブログ内に構築されていた事を発見したそうです。ここではそんな「意外な収入源」を意図して作るべくして作っていく構築戦略を解説しています。これは決して馬鹿にならない大きな収入源になっていきますのでブログ構築の際は併せてこの収入源の構築も進めていってください。ほんのひと手間の積み重ねで簡単に構築出来る意外な仕掛けです。 
 
 
ブログのみでも検索エンジンからの集客効果を狙っていく為の「SEO対策を意識したタイトルとコンテンツ構成のポイント」とは。
 
この逆三角形型マーケティングにおける「集客の要」はあくまでもキュレーションサイトの方になります。ただ、実際はブログ単体でも検索エンジンの上位表示を狙って集客していく事が出来ます。ここではその「ブログ単体での集客」を目的とした記事、コンテンツ作成のポイントを解説しています。 
 
 
ブログからキュレーションサイト。主観的情報から客観的情報へと訪問者を「逆流」させ、成約率を引き上げる「逆行戦略」とは。
 
先立つ「ブログを集客の入口」とした場合、逆三角形型マーケティングの基本である「キュレーションサイト→ブログ」に対して、その「逆の流れ」を作っておくことも有効になってきます。ここではそんな「逆行戦略」についてのポイント等を解説しています。主観的情報を踏まえ得た客観的情報が購買意欲を固める事に繋がるという事です。 
 
 
ブログ記事の集客力が1〜2割は向上する、本文内に加えるべき「ある1行」とその1行を自然に挿入する為のテクニック主とは。
 
ブログ記事の本文に「この1行」を加えていくだけで、そのほぼ全ての記事の集客力が1〜2割は向上していきます。つまり全ての記事に「この1行」を加えていくだけでブログ全体の集客力が大きく変わってくるという事です。ただ「この1行」を効果的なものにするには、本文内に「その1行」を自然に加える必要があります。ここではその「ある1行」についてとその挿入テクニックを解説しています。 
 
 
アフィリエイト広告誘導時の成約率を各段にアップさせる、やや強引ながらも極めて効果的な「○○を押し出して誘導を図る売り込み戦略」とは。
 
もしも「ここぞ」とばかりに本格的に売り込みたい商品があった場合、基本的には「売り込み色を強めない事」が原則のノウハウですが、そうであるからこそ「これは」と言える商品を売り込んでいった場合など、とんでもない数の成約を取っていける傾向にあります。これはそんな「ここぞとばかりの売り込み」をかける際の戦略であり、「これ」という商品が出てきた際のみ活用してください。ただ厳選した商品に対してのみ行う事で高い効果を得られる戦略ですので、どんなに「売れる」からと言ってやり過ぎは厳禁です。そこだけは注意してください。 
 
 
 
以上、当ツールには上記4つの戦略ごとに、 
それぞれのノウハウ、ポイント等を解説したコンテンツをお付けします。 
 
それぞれのコンテンツで提供しているノウハウは全て、 
先立ってお見せしたAさん、Bさんが実践してきたものであり、 
そのコンサルを請け負った「Yさん直伝のノウハウ」でもあります。
 
 
また、当然ですがYさん自身はこの戦略でAさん、Bさん以上の実績を 
特化型キュレーションサイトの運営によって手にしてきています。
 
 
例えばこちらはAさん、Bさんへのコンサル期間中 
当ツールによって構築したキュレーションサイトより 
Yさんが1から約10カ月ほどで稼ぎ出したアフィリエイト報酬です。 
 
Yさんアフィリエイト実績

 
今やコンサルタントとして多忙な日々を送っているYさんが 
まさに「片手間」で運営していたサイト1つからでも、 
実際にこれだけの成果を上げる事が出来ているのです。
 
 
既にアフィリエイトにおいて豊富な経験があり、 
キュレーションサイト運営を知り尽くしているYさんであれば 
ほぼ未経験な状態からスタートしたAさん、Bさんよりも 
こうして大きな成果を上げられるのは当然かもしれません。 
 
ただこうしたYさんの成果を踏まえて1つだけ言える事。 
 
それはこのキュレーションサイト作成ツールとノウハウを駆使していけば 
スタートから1年ほどで年収1000万円規模の成果を上げていく事も 
現実的な数字として「十分に可能である」という事です。
 
 
 

 
 
このビジネスモデルを「再現」していく上で重要なもの。 
 
それは他でも無くキュレーションサイトという「メディアそのもの」と 
そのメディアのポテンシャルを発揮出来る「ノウハウ」の2つです。
 
 
今回、私達はそのメディアを1から構築出来る「ツール」を開発し、 
そのノウハウも全て「マニュアル化」させて頂きました。 
 
この2つを「そのまま」提供させて頂きたいと思います。 
 
ただあなたが感覚的にでもその「価値」に気が付き始めているなら、 
これが「ただのサイト作成ツールでは無い事」はもとより、 
巷に溢れる再現性の低いアフィリエイトノウハウとも異なる、 
 
「唯一無二のツール、コンテンツを提供するものである事」 
 
は少なからず認識頂けているのではないでしょうか。 
 
私自身も「唯一無二」という言葉を無根拠な謳い文句としてでは無く、 
本当の意味で用いる事が出来るオファーである自負がありますし、 
それに相応するだけの再現性も既に実証する事が出来ています。
 
 
だからこそ今回のツール、コンテンツの一式は 
その「絶対的な自信」を裏付ける提供形式として 
 

 
という形で提供させて頂きたいと思います。 
 

 
 
その「収益面での実績」や「機能性」等を考慮するなら、 
このキュレーションサイト構築・運営ツールは 
“パッケージ価格なら100万円単位の金額を提示しても妥当なもの” 
だと思います。 
 
「サイト作成ツールに100万円!?」 
 
あなたはそう思われたかもしれません。 
 
ただ、例えばビジネス用のECサイトなどの構築・運営ツールですと、 
パッケージ価格ではこれくらいの金額が普通に提案されています。
 
 
 
 GMO社 ECサイト構築・運営ツールパッケージ:80万円 
 
 
 
 某A社 ECサイト構築・運営ツールパッケージ:50万円 
 
 
 
 某B社 ECサイト構築・運営ツールパッケージ:150万円 
 
 
 
勿論これらは今回、私達が提案しているサイト作成ツールとも、 
また別分野のサイト作成ツールではありますが、 
「ビジネス用途を主とした特殊なサイトを作成するツール」 
である事には違いありません。 
 
こういったサイト作成ツールのパッケージ価格は、 
そのイニシャルコストだけで50万円、100万円はザラなのです。
 
 
勿論、この情報商材業界で「サイト作成ツール」と言うと、 
2〜3万円代の価格で「販売」されているものが数点あります。 
 
ただ、そういった「買い切りタイプ」のサイト作成ツールは 
せいぜい見栄えが小奇麗なテンプレートを豊富に揃えているだけの 
1枚ページ(LP)を作成する為のツールでしかありません。
 
 
つまりそのような「1枚ページ」を作るだめだけのツールと、 
本格的な「運営」を目的としるビジネス用のサイトを 
そのデータベース、システムと共に構築するツールとでは、 
「根本的にモノが違う」 
という事です。 
 

 
 
また、当ツールのライセンス権利には以下のような 
万全の保守サポート&コンサルティング環境の方も 
併せて提供してしていきたいと思います。 
 

 
 ライセンス契約中におけるツールの設置や稼動、 
 また、ツールのご利用上における質問、相談等は全般的に 
 弊社の方がサポート対応させて頂きます。
 
 
 あらゆる技術的な問題等のサポートは全て弊社にお任せください。 
 
 ツール開発者を含めた専属の担当スタッフがメール、 
 必要に応じてはスカイプ等で対応に応じさせて頂きます。 
 
 ツールの設置作業からカスタマイズ作業等の細かな部分まで 
 付属マニュアルで至らない点、分かりにくかった点なども 
 こちらまでご相談頂ければ全て迅速にサポート対応させて頂きます。 
 
 数名のスタッフが24時間、交代制で対応致しますので 
 ライセンス契約中においては回数等にも制限なく、 
 土日、祝日を問わず迅速な対応を徹底させて頂きます。
 
<保守サポート詳細> 
内容 : Curation Agent Systemツール内における技術的なサポート・保守対応 
対象者 : ライセンス契約中の全てのCuration Agent System利用者様 
対象期間 : ライセンス契約期間中24時間対応(年中無休) 
対応方法 : メール、スカイプ形式 
回数制限 : 無し(ライセンス期間中、無制限)
 
 

 
 同じくライセンス契約中における 
 サイト運営、ビジネス上のサポート依頼等につきましては、 
 Yさん及びYさんが経営するコンサル会社の精鋭スタッフの方々が 
 こちらの対応に応じて頂ける体制を整えさせて頂きました。 
 
 つまりこの手紙の中でも既にご紹介させて頂いている、 
 Aさん、Bさん等のコンサルティングにあたったYさん。 
 
 そのYさんがこのツール利用者様に対しましても、  
 同じようにコンサルティングを行って下さるという事です。
 
 
 ただ、今回は人数が相当数になる可能性、 
 及びYさん個人の物理的なお仕事状況を踏まえて 
 Yさんが経営するコンサル会社の精鋭スタッフ様にも 
 このサポート人員に加わって頂いております。 
 
 よってこちらのサポートにつきましても、 
 メール及びスカイプ形式にて回数等にも制限なく 
 土日、祝日を問わずご利用可能なサポート環境を提供致します。
 
<運営・ビジネスコンサルティング詳細> 
内容 : Curation Agent Systemツールにおけるサイト構築・運営についてのコンサルティング 
対象者 : ライセンス契約中の全てのCuration Agent System利用者様 
対象期間 : ライセンス契約期間中24時間対応(年中無休) 
対応方法 : メール、スカイプ形式 
回数制限 : 無し(ライセンス期間中、無制限)
 
 
ツール開発者を含めた弊社のシステム的な保守サポートと、 
その運営ノウハウの本元であるYさんを含めた、 
経験豊富なコンサル会社のスタッフによるコンサル体制。 
 
このツールの利用におけるサポート体制、 
キュレーションサイトの運営における環境としては、 
 
「もう、これ以上のものは無い。」
 
と言えるほどのサポート体制を敷けたのではないでしょうか。 
 
ただ、ここまでYさんの素性を明かしていないところに、 
やはり少なからず不信感や不安がある部分もあると思います。 
 
もともと表だった活動をされていない方であった為、 
こういった一般公開を前提とするセールスページ等で 
実名等を公開することは本人の意向により出来ませんが 
それでも彼の「実力」を示せる資料は幾つか用意致しました。
 
 
事実、Yさんのコンサルタントとしての力量は一級品であり、 
ネットビジネス系の法人を対象にしたコンサルティングでは 
1000万円規模のコンサル料を受け取っているような方です。 
 
例えばこれはYさんの法人向けコンサル会社における 
そのコンサル料の入金が確認出来る通帳の写しになります。
 
 
 コンサル料3000万円、1000万円の入金履歴 
 
 
実際にこの時のコンサルティング料を「売上」として計上し、 
申告している決算報告書の写しが以下になります。 
 
 平成26年Yさんの某法人向けコンサル会社の決算報告書 
  
 
少々わかりにくいですがこちらは100万円単位の数字にありますので、
「46」と言う数字は「4600万円の売上を申告した事」を示しています。
 
要するにこの1000万円、3000万円の入金は 
ただお金を右から左へ移しただけの履歴では無く 
間違いなく「売上」として計上されたものである事を意味しています。 

 
勿論、これはある程度の「契約期間」を前提にしたものですが 
Yさんは実際にこうした法人向けのコンサルティング契約では 
1000万円、3000万円クラスのコンサル料を受け取っている方なのです。 
 
それだけYさんはインターネットマーケティング等において、 
非常に優れたコンサルティングの力と実績を持っているという事です。
 
今回の「Curation Agent System」ではそんな方が自ら、 
その精鋭された人員と共にサポート&コンサル対応にあたってくださいます。 

 
 
 
 
ネットビジネスの業界で「成功している人」が 
大きく分けて2つに分類されます。 
 
実名、顔出しで派手な生活をフェイスブックなどにアップし、 
それをブランディング構築の一端にしている人。 
 
そして実名も顔出しもせず、裏でこっそりと稼いでいる人です。 
 
あなたがどちらを目指したいかはわかりませんが、 
今回のノウハウ提供者でありコンテンツ制作を手掛けたYさんは、 
完全に後者の部類に入るトップアフィリエイターです。
 
 
また、傾向として「実力」がある傾向にあるのも 
圧倒的に「後者の人」であり、逆に「前者の人」は、 
単刀直入に言うと「詐欺紛いな人」も多い傾向にあります。 
(そういう人の実際の評判を見れば一目瞭然だと思います。) 
 
これは顔出しで実名を明かしている「有名税」なのかもしれません。 
 
そうであるとしても「詐欺師呼ばわり」をされる可能性がありながら 
あえてネットに顔や実名を出してビジネスをやりたいでしょうか。
 
 
少なくとも、この手紙で公開しているノウハウは、 
まさに顔も名前も出さずにこっそりと稼いでいける方法であり、 
それを実際に実証しているのが他でも無い「Yさん」です。 
 
もしもあなたが同じようなスタンスで成果を上げていきたいのであれば、 
このノウハウはこの上無くその意向に沿えるサイトを構築し、 
成果を上げていけるものになっているはずです。
 
 
 

 
 
ただ、ここで私がこのツールの契約条件を、 
パッケージ価格50万円、100万円という金額にしては、 
それを手に出来るような人はおのずと限られてきてしまいます。 
 
そういったところも含めて今回のツールは、 
月額単位での「ライセンス契約制」とした上で、 
出来る限り低いハードルで手に取って頂けるように致しました。
 
 
そしてこれは「絶対的自信があるからこその提供体制」でもあります。 
 
要するに早い段階で結果を出して頂く自信、 
そして長く使い続けて頂ける自信があるからこそ、 
私達はまず「使って頂ける環境を提供する事」を優先したという事です。 
 
但し裏を返せば「なかなか結果が出ない」という事になれば、 
おのずと利用者様はどんどんいなくなってしまう事を意味します。
 
 
そのような状況を絶対的に「回避」していく意図も含めて、 
先程のような「万全」と言えるサポート体制も整えているのです。
 
 
そんな当ツールのライセンス契約の条件は以下とさせて頂きました。 

 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
サイト運営開始後、基本的な流れとして、 
あなたが実践していく事は4つの戦略を踏まえた以下の3つです。 
 

 
「たったこれだけ?」と思われたかもしれませんが、 
この特化型キュレーションサイトの運営における 
 
・ 検索エンジンからの「誘い込み戦略」 
 
・ キュレーションサイトへの「囲い込み戦略」 
 
・ 無料ブログへの「落とし込み戦略」 
 
・ アフィリエイト広告への「流し込み戦略」
 
この4つの戦略は全て上記3つの工程に集約されています。 
 
1からメディアを構築していくビジネスモデルですので、 
そうそうすぐに大量のアクセスが入ってくるわけではありませんが、 
 
「検索エンジンからの誘い込み戦略」
 
のマニュアル内容に沿ってサイトを構築していけば、 
早ければ1カ月ほど、遅くても3カ月ほどで 
多くのまとめページが検索エンジンに優遇され始めます。 
 
この時点で良質なアクセスが入り始めるという事です。 
 
そこからは 
 
「キュレーションサイトへの囲い込み戦略」 
「無料ブログへの落とし込み戦略」 
「アフィリエイト広告への流し込み戦略」」
 
 
これらのマニュアルのポイントを押さえていけば、 
訪問者の囲い込みからブログ媒体への落とし込み、 
そしてアフィリエイト広告への流し込みまでの 
 
“逆三角形型のマーケティング網” 
 
をごく自然な形でしっかりと形成していけるはずです。 
 
つまり「アクセスが収入へと直結していく仕組み」が 
時間の経過と共にどんどん形成されていくという事です。
 
 

 
 
今、このネットビジネス業界には「サイト作成ツール」に限らず 
様々な種類の「ツール」と呼ばれるものが出回っていると思います。 
 
ただ月々1万円に相当する利用価値も無いようなツールなら 
私はそんなツールは実質的に「無くても同じ」です。
 
 
1カ月間で1万円程度の利用価値も見い出せないツールなど 
あえてそれを使い倒していくメリットがあるでしょうか。 
 
本当に価値のあるツールというものは、 
それを圧倒的に上回るパフォーマンスを発揮出来るようなものであり、 
「そういうものにこそお金を出す価値がある」と思います。
 
 
確かにその「価格設定だけ」を考慮したなら 
年間128000円、月間12800円という月額料金制のツールというのは 
決して安い価格設定のツールとは言えないかもしれません。 
 
しかし、今回のオファーでご案内しているものは、 
 
・ 特化型キュレーションサイトを構築・運営出来るシステムの一式 
 
・ ツールそのもののパフォーマンスを存分に発揮する為の「コンテンツ」の一式 
 
・ それらを万全の体制で支える「サポート環境」
 
この「全て」を徹底的に使い倒せる権利でもありますので、 
これらを考慮すれば今回の価格設定は十分に妥当なものだと思います。 
(むしろ安すぎるくらいではないでしょうか…) 
 
少なくともこのツールで提唱しているものは、 
年間10万、20万円に相当する利用価値を提供する事では無く 
 

 
にあります。
 
 
事実、あなたが「本当に求めているもの」「求めていたもの」は、 
まさにこのようなツールなのではないでしょうか。 
 
要するにこの「Curation Agent System」は 
 

 
だという事です 
 

 
また、その「収入源の構築」をより早めて頂けるよう、 
当ライセンス契約のお申込みの際には、 
以下のような「6つの特典」をお付けしたいと思います。 
※今現在、以下6つの特典の全てを提供しております。  
 

 
既にお気付きかもしれませんが当ツールの運営マニュアル本編には、 
メールマガジンを利用して収益を上げていくノウハウは含まれていません。 
 
これはとくに「メールマガジンとの相性が悪い」というわけでは無く、 
Yさんの運営方針及びコンサルティング方針として、 
 
「まずは収益を見込めるメディアをインターネット上に作る事」  
をその第1の目的にしている為です。
 
 
それが出来ない段階でメルマガを導入しても 
その手間と労力だけがどんどん増えてしまいます。 
 
・ オプトイン(読者収集)の仕組み作り 
 
・ 読者リストの管理 
 
・ メルマガ配信スタンドの利用コスト 
 
・ 定期的なメールマガジンの作成・発行
 
メルマガの発行というプロセス1つを足すだけでも、 
そこに割かれる手間と労力は決して小さなものではありません。 
 
またメルマガはやはり文章力がそのまま結果に反映してしまう為、 
未経験者やアフィリエイトで稼いだ事が無いような人が 
序盤段階で始めていく事が必ずしもプラスになるとは限りません。
 
 
実際にほぼ未経験の段階からこのツールで結果を出した 
Aさん、Bさんもその段階ではメルマガは一切導入していませんでした。 
 
ただ、既にある程度の集客力と収益性が見込める段階になれば、 
メルマガを導入で更に大きな成果を上げていく事も可能になります。
 
 
また当ツールを既存のメディアへの集客等に利用し、 
 
「すぐにでもメルマガマーケティングに応用したい」  
という人も少なからずいると思いますので、 
そのようなニーズを満たす上でもこちらの特典コンテンツでは 
 
 
 
というテーマでそのポイント等を解説しています。 
 
勿論、コンテンツの制作はYさんが請け負っていますので、 
当ツールをメルマガマーケティングに活用していくのであれば、 
非常に役立つコンテンツ内容になっているはずです。 
 

 

 
再配布権利の付いたPDFコンテンツの方を 
総数約500ファイルほど提供させて頂きます。
 
 
こちらの詳しい活用法は本編の中に出てきますが主には 
 
・ プレゼント企画 
 
・ コメント投稿特典 
 
・ 購入特典
 
などにすぐにでもそのまま利用していく事が出来ます。 
 
ジャンルはほぼオールジャンルのものを揃えていますので、 
あなたがどのようなテーマでサイトを運営していくとしても、 
相当数、それに活用出来るものがあるはずです。
 
 
また、これらのコンテンツを元ネタとして、 
全く新しいオリジナルコンテンツを作成していく事も可能です。
 
 
そういった「活用法マニュアル」と共に提供させて頂きます。 
 
 
 

 
こちらも本編内における「キーワード集客」に活用出来るツールです。 
 
検索エンジンにおける「サジェストキーワード」の候補を 
サクサクと抽出してデータ化していく事が出来るものになります。
 
 
サジェストキーワードというのは、 
検索エンジンにキーワードを入れた際に表示される、 
以下のようなキーワードの事です。 
 

 
このようなキーワードはおのずと検索ボリュームが上がりますので 
このサジェストキーワードはキーワードを狙って集客していく際、 
その「データ」は非常に活用性の高いものになります。 
 
まとめページを作成する際の「キーワード」を意識していく際、 
その作業効率を格段に上げられる非常に便利なツールです。
 
 
こちらのサジェストキーワードツールの方も 
その詳しい「活用法マニュアル」と共に提供させて頂きます。 
※こちらはライセンスとは無関係に契約解除後も自由に活用頂けます。 
 
 
 

 
ツール及びコンテンツのバージョンアップ等があった場合、 
ライセンス契約者様においては常にその最新版のものを提供致します。
 
 
会員様専用のダウンロードサイトの方では、 
ツール、コンテンツともにその最新版のダウンロードが行えるよう、 
随時、バージョンアップ版のリリース情報等も配信致しますので、 
常に「最適なシステム環境」で「最善のノウハウ」を実行していってください。 
 

 
また、最新版リリース等のご案内はご購入時の 
メールアドレスの方にもバージョンアップのご連絡させて頂きます。
 
 
その通知を受け取った際は会員サイトの方にログインして頂き、 
最新版のものをダウンロードして頂ければと思います。 
 
 
 

 
こちらは当ツールの利用者様限定に配信して頂く、 
Yさんによるサイト運営におけるフォローメール講座になります。 
 
ツールに付属する運営マニュアルのコンテンツ一式は、 
それだけでも相当なボリュームであり、 
非常に詳しい解説が成されているものになっていますが、 
こちらのメール講座ではその内容を時系列的に講義して頂けます。
 
 
また、こちらの講座内では、 
 
・ 利用者様から寄せられている生の進行状況、経過報告 
 
・ 他の利用者様とのコンサルティング内容 
 
・ その実績報告や事例
 
こういったものも豊富に交えて頂けますので 
実践面でも精神面でも大きな「支え」にして頂けるはずです。
 
 
勿論、そのフォローメールに返信する形でも、 
Yさんへのサポート依頼を出していく事等も可能になっていますので、 
よりサポート依頼、コンサル依頼の壁も薄くなり、 
 
「Yさんと共にサイトを構築し、運営している。」 
 
という臨場感を感じて頂けるのではないかと思います。 
 
 
 

 
こちらは本当に「万が一というケースの保証」になりますが、 
あなたがこのツールを1年間ご利用頂き、 
運営マニュアルに沿ったサイト運営を行ってきたにも関わらず、 
その結果に「満足」する事が出来ていなかった場合、 
 
「そのキュレーションサイトを弊社が買い取る」 
 
という形で、それまでのライセンス契約料の方を 
実質的に「保証」させて頂きたいと思います。 
 
以下、その買取保証の条件となりますので、 
保証を適用される際は以下に沿って頂ければと思います。
 
 
キュレーションサイト買取保証
 
当ツール「Curastion Agent System」のライセンス契約より365日間で付属コンテンツ内のノウハウに沿ったサイト運営を行った際、「その結果があなたにとって満足がいくものでなかった場合」その期間内にあなたが構築したサイト、ブログ等の媒体につきましては「それまでにお支払い頂いたライセンス料の全額と同額」で買い取らせて頂きます。
 
買取保証申請時は下記必要事項を明記の上、ご連絡ください。
 
・ 購入時ASPより発行される決済番号
・ 購入者氏名
・ 構築頂いたサイト、ブログのURL及び管理アカウント
・ 銀行口座情報
 
連絡先:
info@curationbbs.com
 
内容確認後、申請時より1週間以内に手数料等を負担の上、指定の銀行口座まで買取金額の方をお振り込みさせて頂きます。
 
※当保証の適用期限は契約日より365日後から1カ月以内までとさせて頂きます。
 
 
 
 
 
今はまさに「二極化の時代」です。 
 
ネットビジネスの業界はまさにその図式が明確であり、 
仕掛ける側と仕掛けられる側、 
情報をただ受け取る側と提供する側に分かれます。 
 
そしてこの業界でお金を稼いでいきたいのであれば、 
言うまでも無く「仕掛ける側」となり、 
情報を発信する側にならなければいけません。
 
 
それも「人が求めるような情報」を発信する必要があるのです。 
 
ただ、そこで多くの人が躓いてしまいます。 
 
「自分に人が求めるような価値のある情報は発信出来ない」と。 
 
確かに自分の知識、情報の引き出しのみから、 
人が価値を感じるような情報を発信するのは難しいかもしれません。 
 
ですが、既存の情報を「まとめていく事」なら、 
実際のところそれは誰でも出来る事だと思います。
 
 
そして多くの人が求めている情報こそが、 
そのような「欲しい情報をまとめているもの」だからこそ、 
検索エンジンは「まとめサイト」を順位に優遇しているのです。 
 
当初1枚ページのホームページが主流だった時代から 
ブログの登場でその優先順位は一気に移り変わり、 
今は完全に「まとめサイト」が検索上位を席巻しています。
 
 
そしてあなたが今、その「可能性」を感じている通り、 
このキュレーションサイトを用いたノウハウでは、 
今も次々と成果を上げている人が出て来ているのです。 
 
昨日、2日前、3日前にこのツールを手にした方々が 
早速、狙いを定めた商品の情報まとめサイトを作成し、 
数週間前、数カ月前にサイトを作成した方々は 
もう次々に見込み客を集めて成果を上げていっています。 
 
今、この瞬間もこの手紙を一通り読み終え、 
早速、その注文ボタンをクリックしているところかもしれません。
 
 
それだけこのツールで構築していく事が出来るサイトは、 
高い「再現性」と「可能性」に溢れたものであり、 
既にそれだけの「実績」を実証し続けているものでもあるのです。 
 
 

 
 
キュレーションサイトというメディアを使ったアフィリエイト手法は、 
今の時点であれば「目新しいもの」に感じられるかもしれませんが 
時代はどんどん移り変わっています。 
 
一昔前までアフィリエイトの主流は自前のホームページが基本でしたし 
自前のウェブサイトを1から作って広告を貼るというのが「普通」でした。
 
 
そこに新たに登場したのが「ブログ」というメディアであり、 
それと同時にブログを利用したアフィリエイト手法が 
世の中に一気に広まっていきました。 
 
今はそこにソーシャルメディア(SNS)が割って入り、 
ツイッターやフェイスブックなどのSNSのみを駆使して 
アフィリエイトで広告収入を上げている人も珍しくありません。 
 
そしてそこに新たな選択肢として加わっていくと考えられるもの。 
 
それが今回のツールのご紹介と共に提案させて頂いた 
キュレーションサイトを軸とするアフィリエイトである可能性は 
現状の傾向を考える限り十分に考えられると思います。
 
 
現に今、キュレーションサイトは検索エンジンを利用する度に 
誰もが当たり前のように目にしているものだからです。 
 
 
つまりキュレーションサイトを利用したアフィリエイト手法は 
おそらく私達がこのツールを世に公開せずとも、 
おのずと知れ渡っていく可能性も多いにあるという事です。 
 
まさに今「仕掛ける側」になるか「仕掛けられる側」になるか、 
その「分岐点」とも言える時期なのではないでしょうか。
 
 
市場を先導出来る人間には当然、それだけの「恩恵」があります。 
 
その恩恵を存分に預かれる「ノウハウ」が、 
このツールに付属する運営マニュアルに全て詰め込まれているのです。 
 
あとはあなたがこのチャンスに気が付け、行動を起こせるかどうかです。  
 
是非、この環境をいち早く活用頂き、 
このキュレーションサイトという新しいメディアを駆使した 
あなただけの収入源をいち早く作り上げていってください。 

 

 

 
 
 
 
 

 
 
 

 ツールの設置作業等は難しくありませんか。

 
  ツールの設置作業は初心者様にも行って頂けるよう、
  付属の設置マニュアルの方で可能な限り
  細かい設置手順等を図解入りで解説しています。
 
  基本的にはそちらの内容に沿って
 
  1、システム・マニュアル一式のダウンロード 
  2、ドメインの取得&レンタルサーバーの契約 
  3、システムのアップロード
 
  こちらの3ステップを行って頂ければ問題ありません。 
 
  ただ、いずれも経験のない作業が含まれる可能性がございますので
  設置作業の完全代行の方も別途3000円で完全代行も承っております。
 
  設置マニュアルの方をご覧になって、
  ご自身の設置が難しいと判断された場合はご利用頂ければと思います。
 
 
 Mac、タブレッドでも使えますか?

 
  当ツールはサーバー上にアップロードしてご利用頂く「ウェブツール」です。 
 
  よってとくにツールの利用環境におけるOS(Windows、Mac)は関係ありません。 
 
  インターネットに接続できる環境があればご利用頂けますので、 
  タブレット等の端末でも問題なくご利用頂けます。 
 
  ただ初期段階の設置作業にはPCからの作業が必要になりますので 
  設置作業をタブレッドのみで行うのは難しいかと思います。 
  (ネット環境がタブレットしか無い場合は設置代行をご利用ください。) 
 
 
 ツールを利用するパソコンは1台に固定しなければならないのですか?

 
  当ツールは「ウェブツール」ですので、 
  管理画面のURLとログインアカウント(ID、パスワード)が分かっていれば 
  どのPC端末、インターネット環境からでもご利用頂けます。 
 
  よってご利用頂くPCを固定頂く必要はありません。 
 
  旅行先等でもその旅行先のPC環境から問題なくご利用頂けます。 
 
 
 OSがWindowsXPでも使えますか?

 
  とくに問題ありません。
 
  基本、どのようなOSでもインターネットに接続できる環境があれば 
  ツール設置からサイトの構築、運用までの全ての作業を行えるようになっています。 
 
 
 情報のまとめページ(スレッド)の作成はコピーペーストでも問題ないのですか。

 
  とくに問題ありません。 
 
  実際にNEVERまとめ等に掲載されているまとめページ等は 
  コピーペーストのみで作成されているものも多くありますが 
  そういったページも十分に上位表示されています。 
 
  ただ特定の1つのサイトのコンテンツ内容のみを 
  そのままコピーペーストするような事はしないでください。 
 
  あくまでも2つ以上のサイトから情報を「まとめる事」に意味があります。 
 
  そういった複数のサイトからの情報を 
  コピーペーストのみでまとめていくのであれば問題ありません。 
 
 
 私もAさん、Bさんのように2〜3カ月で結果を出せますか。

 
  ご利用頂くツール、実践頂くノウハウそのものは、 
  Aさん、Bさんがサイトを作成し、実践したものと同一になりますので 
  可能か不可能かで言えば彼等と同等の結果を出す事は可能かと思います。 
 
  ただこのノウハウにおける集客は主に検索エンジンを主体としていますので、 
  必ずしも2〜3カ月以内に結果を伴えるだけの集客が行えるとは限りません。 
 
  彼等の実績はあくまでもその目安とお考え頂ければと思います。 
 
 
 やはり情報商材のアフィリエイトに向いているノウハウなのですか?

 
  とくに情報商材でなければならないわけではありません。 
 
  ただ、どのようなジャンルにも商品数が豊富に存在し、 
  また、そのアフィリエイト報酬の単価を考慮すると 
  情報商材が適応しやすいノウハウである事は間違いありません。 
 
  特化したジャンルの見込み客を絞り込んで集客していく以上、 
  少なからず扱っている商品の単価は数千円〜数万円のものが好ましく 
  その条件を満たせるものはやはり情報商材が多くを絞めます。 
 
  ただ物販系の商品等でも報酬単価の高い商品はございますので、 
  アフィリエイトへの活用そのものは何にでも応用できるノウハウです。 
 
 
 利用者のスレッド投稿やコメント投稿が集まらない場合でも稼げますか?

 
  こちらのモニターテストの経験則上、 
  ある程度のアクセス数が見込めるようになってくると、 
  ほぼ例外なく、スレッドの投稿やコメント投稿が得られています。 
 
  ただジャンル等によってはあまり寄せられない可能性もありますが 
  基本的にこのツールで作成していくキュレーションサイトは、 
  利用者からのスレッド投稿、コメント投稿が無くても、 
  自身のページ投稿のみでも十分に成立していきます。 
 
  実際に運営者側が作成したまとめページのみで運営されている 
  大手のキュレーションサイトも多数ございますので、 
  スレッド投稿、コメント投稿が無ければ成立しないわけではありません。 
 
 
 このツールが公開される事でライバルサイトが増え過ぎてしまい  手法そのものが飽和して稼げなくなってしまうという事は考えられませんか?

 
  このツールの付属マニュアルでは 
  特定ジャンルのキュレーションサイトの作成のみを 
  推奨しているわけではありません。 
 
  よって強いて特定ジャンルのキュレーションサイトのみが、 
  同じようなテイストで固まらない限りは 
  ツール利用者同士の競合を懸念する必要はとくにないと思います。 
 
  ただ、例えばブログを主体とするアフィリエイトであっても、 
  ビジネス系のジャンルや投資系のジャンルなどは 
  数多くのアフィリエイターがひしめきあっていますが 
  とくに競合が原因で稼げなくなっているような状況ではありません。 
 
  きちんとサイトを観覧する人が価値を感じるサイトを作成していれば、 
  基本原則としてアフィリエイトで稼いでいく事は十分に出来ます。 
 
  よって多少なりと同じジャンルにツールの利用者が偏ったとしても 
  それぞれがそれぞれのテイストでしっかりとしたサイトを作成し、 
  運営を心掛けていけばさほど競合等を懸念する必要はないと思います。 
 
 
 何故、そんなに稼げるツールをこっそり使わず公開するのですか?

 
  私達は「キュレーションサイトの構築と運営」を担う 
  プラットホーム的な環境を提供しているに過ぎません。 
 
  イメージとしては無料ブログを簡単に作成、運営出来る、 
  アメブロやFC2などの無料ブログサービスに近い立ち位置です。 
 
  ただ、私達は何万人、何十万人というような人達に 
  この環境を提供する事は考えていませんので 
  その環境の提供を質の高いノウハウとサポート体制を添えた上で、 
  有料で提供しているというだけの違いです。 
 
  Yさんやそのクライアントの方々は、 
  既にその環境で結果を出していっていますし、 
  このツールを利用できる環境を多くの人にシェアしたところで、 
  それが要因となって彼等の収入が脅かされるというものではありません。 
 
  根本的に「こっそり利用する意味もメリットも無いもの」であり、 
  それをシェアする事がビジネス的観点でメリットがあるという事です。 
 
 
 契約プランの途中変更は可能ですか?

 
  月間プラン → 年間プラン への変更は可能ですが、 
  年間プランの途中変更は原則お受けできません。 
 
  年間プランの契約期間後であれば月間プランへの変更は可能です。 
 
  ライセンス契約後、プラン変更をご希望の際は別途、ご相談ください。 
 
 
 ライセンス契約を解除した場合、構築したサイトはどうなりますか?

 
  ライセンス契約が解除となった場合、 
  ツール管理画面へのアクセスが制限されますが、 
  構築頂いたサイトそのものはとくに削除されません。 
 
  よってそちらから収益が上がり続けるようであれば、 
  その報酬も当然、サイト運営者のもとに支払われ続けます。 
 
  考え方によってはサイトをほぼ放置出来る状況になったのであれば、 
  ライセンス契約を解除しても収入は継続するという事です。 
 
  ただツールのライセンス契約が切れたキュレーションサイトは 
  スレッドやコメントの管理、公開等が出来なくなる為、 
  スレッドの投稿やコメントの投稿等は行えない形になります。 

 
このキュレーションサイトの構築・運営ツールは 
検索エンジンの恩恵を受ける為の上位表示性能、 
ユーザビリティ(使い易さ)をとことん追求したものであり、 
 

 
です。 
 
今はサイトやブログを簡単に作れるサービスやツールは 
大手が運営するものも含めて多数あると思いますが、 
ここまでそこだけを追及したものは「存在しない」と思います。
 
 
今や多くの人が当たり前のようにインターネット上にメディアを持ち、 
アフィリエイト等の広告ビジネスを展開しているような時代です。 
 
そこへごく普通のサイトやブログを立ち上げ、 
自分発信の情報のみを一生懸命更新していったところで、 
そう簡単には「勝ち目」は見えてきません。 
 
また「集客」という面においても、 
今は本格的に情報の質で勝負をするしか無い傾向にありますので 
ここも1からスタートを切る初心者にとっては 
先駆者には適うはずもないハードルを掲げられている状況です。 
 
そんな全てのハードルを「難なく」超えられる1つの答え、 
それが「まとめサイト(キュレーションサイト)」です。 
 
情報がネット上に溢れ過ぎている今の時代だからこそ、 
その情報を分かり易くまとめたサイトには需要があるという事。 
 
そしてその需要を見越した検索エンジンの恩恵を受けられる事。 
 
これ以上の明確な「答え」があるでしょうか。 
 
今、この時代において情報のジャンルを特化した、 
特化型キュレーションサイトを入口に集客を図り、 
客観的な情報と主観的な情報を織り交ぜていくこの手法以上に 
いち早く、確実な成果を上げられる手法は無いと思います。 
 
あなたは今、それだけの可能性を「形」に出来る、 
唯一無二の「サイト作成ツール」と「ノウハウ」を共に手に入れ、 
実力のあるトップアフィリエイターのコンサル体制のもと、 
1から構築と運営を図っていける環境を手に入れようとしています。 
 
下手なアフィリエイト系の情報商材やツール、 
まして高額な塾等に参加していくのであれば、 
まずは「試し」にこの環境で2〜3カ月間だけでも 
実際にキュレーションサイトを構築していってみてください。
 
 
教材やツールに2万円、3万円などは当たり前の時代ですから、 
この環境をお試めしになる実質的な諸経費は 
実質的にそれと何ら変わりの無い費用かと思います。 
 
ですが「もしも」その期間でAさん、Bさんのように 
月5万円でも、10万円でも、20万円でも、 
まとまった報酬が得られそれが継続的する可能性が見えて来たなら、 
それこそがあなたが実質的に求めていたものなのではないでしょうか。 
 
あなたの目的がとにかく「稼ぐ事」にあり、 
継続的な収入を生みだし続けられる「収入源の構築」にあるなら 
 

 
と思います。
 
 
今回のオファーにあなたがこれまで感じた事も無い可能性、 
魅力、それらとも違う「何か」を感じられているなら、 
何もそこまで高いバードルは掲げていないはずです。 
 
まずは2〜3カ月間だけでも一緒にサイトを構築し運営してみませんか? 
 
私達に出来る事であれば出来る限りの協力は致します。 
 
あなたに末永くこの環境を利用し続けて頂く事こそが、 
まさに「私達の利益」にも繋がっていくからです。
 
 
あなたのご参加を心よりお待ちしております! 
 
 
−追伸− 
 
尚、既にご案内させて頂いた通り現在、 
当ツールのライセンス契約料につきましては、 
特別割引キャンペーンの方を実施しております。 
 
こちらのキャンペーン期間中にライセンス契約を頂けた場合 
月間プランであれば月額9800円から。 
 
年間プランであれば年間98000円、 
1カ月あたりの利用料で言えば月額8166円という 
極めてお得な料金設定で当ツールの方をご利用頂けます。
 
 
そして当キャンペーン期間中に頂いた契約料は、 
当キャンペーンが終了した後もそのまま「適用」され、 
今後、一生涯こちらの割引価格でツールの方をご活用頂けます。 
 
つまり、長くご利用頂くほどライセンス料がお得になるという事です。 
 
是非この機会に当ツールのご利用の方を検討頂ければ幸いです。 

 

 

 
 
 
 
 

 
ご質問等はこちらまで/info@curationbbs.com
 
 
 
【特定商取引法に基づく表記】
 
 
 
販売責任者 伊藤伸太
所在地 〒064-0808
北海道札幌市中央区南8条西15丁目3-11-102
電話番号 090-7055-8800
商品についてのお問い合わせは原則メールにて対応しております。
メールアドレス info@curationbbs.com
販売URL http://curationbbs.com/info/ad.html
お支払い方法 クレジットカード、銀行振込(前払い)、郵便振替 コンビニ決済 BitCash ちょコムeマネー
販売価格 ページ内に記載
商品代金以外の必要金額 銀行振込時の振込手数料及びコンビニ決済のお手数料はご負担願いします。
販売数量 制限無し
お申し込み有効期限 お申し込み手続きより14日以内 
商品引き渡し時期 代金決済後ご案内させて頂くDLページより、
決済時より14日間ダウンロード頂けます。
商品引き渡し方法 ダウンロード形式
不良品について データの破損、その他商品に欠陥がある場合速やかに商品データの交換に応じさせて頂きます。
返金について 当ツール「Curation Agent System」のライセンス契約より365日間で付属コンテンツ内のノウハウに沿ったサイト運営を行った際、「その結果があなたにとって満足がいくものでなかった場合」その期間内にあなたが構築したサイト、ブログ等の媒体につきましては「それまでにお支払い頂いたライセンス料の全額と同額」で買い取らせて頂きます。
買取保証申請時は下記必要事項を明記の上、ご連絡ください。
・ 購入時ASPより発行される決済番号
・ 購入者氏名
・ 構築頂いたサイト、ブログのURL及び管理アカウント
・ 銀行口座情報
連絡先:info@curationbbs.com
内容確認後、申請時より1週間以内に手数料等を負担の上、指定の銀行口座まで買取金額の方をお振り込みさせて頂きます。
※当保証の適用期限は契約日より365日後から1カ月以内までとさせて頂きます。
注意事項 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも記載事例と同等の利益や効果を保証するものではございません。
免責事項 当ツールのご利用にあたっては、ツールのご利用に際して生じたいかなる弊害、損失においても弊社、(株)ビースタイルは一切責任を負わないものとします。
プライバシーポリシー 弊社は当商品のご購入に際して取得したお客様の個人情報につきましては下記プライバシーポリシーに基づき厳重に取り扱うものと致します。
・個人情報の利用目的
1、提供商品・サービスに関連した情報をお届けするため
・個人情報保護方針
1、個人情報の取扱に関する法令を厳守致します。
2、個人情報は厳重に管理し、不正アクセス、紛失、濡洩を防ぐため合理的な安全対策を講じます。